鈴木正四

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 正四(すずき まさし、1914年2月11日 - 2001年12月24日[1][2])は、日本歴史学者愛知大学名誉教授[1][2]

経歴[編集]

山形県出身[1][2]鹿児島県立第一鹿児島中学校 (旧制)を経て[3]1933年第七高等学校造士館 (旧制)卒業[4]1936年東京帝国大学西洋史学科卒業[1]外務省図書係嘱託、ナウカ社「社会評論」編集長を経て、1956年愛知大学教授[1][2]、後に同大学国際問題研究所長[1]1985年定年退任[1]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 近世インド産業発達史 ガドギル 慶応書房、1943.
  • セポイの乱 V.D.サヴァルカール 世界ノンフィクション全集. 第7 筑摩書房、1960.

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『20世紀日本人名事典』(日外アソシエーツ、2004年)「鈴木正四」
  2. ^ a b c d 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』(講談社、2015年)「鈴木正四」-コトバンク版
  3. ^ 鹿児島県立鶴丸高等学校同窓会-一鶴文庫-一中 2021年6月5日閲覧
  4. ^ 七高史研究会『七高造士館で学んだ人々 改訂版』(2001年)