鈴木棟一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 棟一(すずき とういち、1939年 - )は、日本の政治評論家。

プロフィール[編集]

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業後に毎日新聞社に入社。同社の編集委員などの要職を歴任したのち、退社して政治評論家になる。特に自民党に造詣が深いことで知られる。公益財団法人日本国際フォーラム政策委員[1]

主な著書[編集]

  • 永田町大乱
  • 日本を裏切った政治家たち
  • 永田町の暗闘 小泉は日本を変えられるか

脚注[編集]

  1. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

関連項目[編集]