鈴木未来 (ダーツプレイヤー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木未来
人物情報
愛称 Miracle
生誕 (1982-02-05) 1982年2月5日(37歳)
日本
活動期間 2016
利き手 右利き
入場曲 Baby SharkPinkfong英語版
入会組織 (分裂騒動参照)
BDO 2016 –
現世界ランク (BDO Women) 93
BDOメジャー - 最高成績
世界選手権 優勝 (1): 2019年英語版
ワールドマスター ベスト8: 2017年英語版2018年英語版

鈴木 未来(すずき みくる、1982年2月5日 -)は、日本のプロダーツプレイヤー。

ニックネームはmiracle。血液型O型。159cm。利腕:右。

2019年のレイクサイド世界選手権優勝者。

現在はSOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPANで活躍している。ダーツライブオフィシャルプレイヤー。

来歴[編集]

未来は大阪出身。2007年にD-CROWNに参戦。後にPERFECTにも出場していた。2013シーズンからJAPANに移籍。

2014シーズンは11勝を挙げ年間ランキング1位となる。2015年は女王に譲られるものの、2016年以降は3連覇中。

ハードダーツでもWDFアジアパシフィックカップで優勝したこともあった。

2018年10月、イギリスで行われたWinmauワールド・マスターズでベスト8。さらにレイクサイド世界選手権出場権を獲得。2019年1月にレイクサイド・カントリークラブで行われたレイクサイド世界選手権では1回戦で前回女王リサ・アシュトンに2-0で破ると、決勝まですべてストレートで勝利し、アジア人初のダーツ世界一に輝いた[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]