鈴木智夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 智夫(すずき ともお、1937年 - )は、日本の歴史学者。元愛知学院大学教授。専門は東洋史、中国近代史(社会経済史)。博士(文学)。

経歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『近代中国の地主制──『租覈』の研究・訳注』(汲古書院、1977年)
  • 洋務運動の研究──一九世紀後半の中国における工業化と外交の革新についての考察』(汲古書院、1992年)
  • 『近代中国と西洋国際社会』(汲古書院、2007年)
  • 癸卯旅行記訳註──銭稲孫の母の見た世界』銭単士釐撰(汲古書院、2010年)

共著[編集]

  • 『高校世界史』(三省堂、1979年)
  • 『高校世界史教師用指導書』(三省堂、1979年)

論文[編集]