鈴木智之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 智之(すずき ともゆき、1962年 - )は、日本社会学者法政大学社会学部教授。専門は理論社会学文化社会学

経歴[編集]

東京都出身。1985年慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。1987年同大学院社会学研究科修士課程修了[1]

1991年帝京大学文学部専任講師、1996年法政大学社会学部助教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『村上春樹と物語の条件』(青弓社, 2009年)
  • 『「心の闇」と動機の語彙』(青弓社, 2013年)
  • 『眼の奥に突き立てられた言葉の銛』(晶文社, 2013年)
  • 『顔の剥奪』(青弓社, 2016年)

共編著[編集]

  • 沢井敦)『ソシオロジカル・イマジネーション――問いかけとしての社会学』(八千代出版, 1997年)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木 智之 - 法政大学学術研究データベース