鈴木昭久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 昭久(すずき あきひさ、1961年6月 - )は、日本国土交通官僚国土交通省中部運輸局長、運輸安全委員会事務局長を経て、日本観光振興協会副理事長。

人物・経歴[編集]

神奈川県出身[1]神奈川県立横須賀高等学校を経て[2]、1984年東京大学法学部卒業、運輸省入省、大臣官房観光部計画課配属。1997年運輸省神戸海運監理部運航部長。1999年運輸省大臣官房企画官(海上交通局担当)。2001年国土交通省大臣官房企画官(政策統括官付)。2002年国土交通省大臣官房人事課企画官[3]

2004年国土交通省鉄道局総務課鉄道企画室長。2005年国土交通省航空局管制保安部保安企画課長。2007年国土交通省総合政策局海洋政策課長兼内閣官房内閣参事官。2009年観光庁観光産業課長。2011年国土交通省自動車局旅客課長[3]

2013年国土交通省自動車局総務課長。2013年気象庁総務部長。2015年から国土交通省中部運輸局長を務め、第42回先進国首脳会議をテコに、訪日外国人旅行誘致に向けた「昇龍道プロジェクト」の推進にあたった[3][4]。2017年運輸安全委員会事務局[5]。2018年佐川急便顧問日本内航海運組合総連合会事務局次長参与[6]。2020年日本観光振興協会副理事長[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「を 利用する訪日観光客へのサービス」月刊東海経済
  2. ^ 毎日フォーラム・霞が関ふるさと記神奈川県(2)毎日新聞2017年4月10日 09時51分
  3. ^ a b c 日本経済新聞社名古屋支社 シンポジウム日本経済新聞
  4. ^ 「中部運輸局長の鈴木昭久氏が就任会見「観光振興に重点」」朝日新聞デジタル2015年8月1日 1時53分
  5. ^ 国交省人事で中部運輸局長に石澤氏、局次長に西本氏、技安部長に永井氏が就任整備新聞2017.07.25
  6. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(平成30年10月1日~同年12月31日分)国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(平成30年10月1日~同年12月31日分)平 成 3 1 年 3 月 2 6 日 内閣官房内閣人事 局
  7. ^ 日本観光振興協会、新理事長に久保田氏 副理事長は鈴木氏に旅行新聞2020年6月26日(金)配信


先代:
野俣光孝
気象庁総務部長
2013年 - 2015年
次代:
渡邊良
先代:
野俣光孝
国土交通省中部運輸局長
2015年 - 2017年
次代:
石澤龍彦