鈴木康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 康夫
(すずき やすお)
生誕 (1940-11-26) 1940年11月26日(81歳)
日本の旗 静岡県浜松市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生物学
薬学
研究機関 静岡県立大学
中部大学
出身校 静岡薬科大学
主な業績 ウイルス感染における糖鎖機能の研究
主な受賞歴 日本薬学会賞(2004年
中日文化賞(2004年)[1]
静薬学友会賞2016年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

鈴木 康夫(すずき やすお、1940年(昭和15年)11月26日[2] - )は、日本の生物学者薬学者生化学ウイルス学)、薬剤師。学位は薬学博士静岡薬科大学1974年)。静岡県立大学名誉教授。

静岡県立大学薬学部教授、静岡県立大学薬学部学部長、静岡県立大学大学院薬学研究科研究科長、中部大学生命健康科学部教授などを歴任した。

概要[編集]

静岡県浜松市にて生まれた[3]。静岡薬科大学に進み、大学院の薬学研究科を修了した。「組織培養細胞における脂質の生化学的研究――麻疹ウイルス感染および非感染宿主細胞における脂質代謝の比較」と題した研究論文にて、薬学博士号を取得した[4]

母校である静岡薬科大学が静岡女子大学静岡女子短期大学と統合され静岡県立大学が新設されると、同大学にて教鞭を執った。薬学部にて教授を務め、薬学部の学部長や大学院薬学研究科の研究科長を歴任した。また、その間、オーストラリアグリフィス大学中国の浙江省医学科学院にて客員教授も兼任した。

その後、中部大学に移り、新設された生命健康科学部にて 生命医科学科の教授を務めた。

研究[編集]

生化学ウイルス学を専門としており、薬学分野に対し生物学的見地からアプローチしている。ウイルスに感染した際の糖鎖機能について研究しており、その結果を医薬品の開発に応用することを目指している[5]

近年ではインフルエンザの研究に注力しており、鳥類などからトリインフルエンザウイルス採取し鶏卵で培養し、それにさまざまな物質を注入することでウイルスに対抗し得る物質を調査している[3]。また、その研究の過程において、インフルエンザウイルスの変異を数時間で測定、検知する技術を開発している[3]

また、糖鎖ウイルス学に関する情報の共有を促進するため、情報共有サイト『Glycoforum』の起ち上げにも携わった[5][6]

「インフルエンザ制圧に寄与する糖鎖薬学的研究と活動」の業績が評価され、2016年7月17日に静薬学友会賞が授与されている[7][8]

人物・家族[編集]

鈴木の息子の瀬名秀明は、薬学部から薬学研究科に進み薬剤師資格を取得するなど、鈴木と同じく薬学者の道を歩んでいたが、大学院生のときに小説『パラサイト・イヴ』で文壇にデビューした。以降は作家として活動しており、東北大学大学院工学研究科にて特任教授なども務めた。筆名の「瀬名」は、かつて鈴木家が静岡県静岡市瀬名(現在の静岡県静岡市葵区瀬名)に住んでいたことに因んでいる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日文化賞 受賞者一覧”. 中日新聞. 2022年5月5日閲覧。
  2. ^ 日外アソシエーツ 1988, 434頁.
  3. ^ a b c 加藤直樹「新型インフルエンザの謎に挑む」『(1)新型インフルエンザの謎に挑む : 研究室探訪 : 教育・文化 : 中部発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞、2009年4月3日。
  4. ^ 静岡薬科大学博士学位論文』静岡県立大学。
  5. ^ a b 「鈴木康夫 SUZUKI Yasuo」『教員情報 鈴木 康夫』”. 2013年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月5日閲覧。中部大学
  6. ^ Glycoforum, Glycoforum.
  7. ^ 静薬学友会静薬学友会ホームページ≫ ブログアーカイブ ≫ 第1回静薬学友会賞の決定および授賞式”. 静薬学友会 (2016年7月26日). 2017年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月5日閲覧。
  8. ^ 薬学部100年を祝う 卒業生4人表彰 静岡県立大 - 静岡新聞アットエス”. 静岡新聞社静岡放送 (2016年7月18日). 2016年11月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ 編 『同名異人事典』日外アソシエーツ株式会社、1988年。ISBN 4816908064 

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]