鈴木崇英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 崇英(すずき たかひで、1942年 - )は、日本の都市計画家。株式会社UG都市建築、日本ERI株式会社創業者。東京生まれ。

略歴[編集]

  • 1966年、東京大学工学部都市工学科卒業
  • 1968年、東京大学大学院数物系修士課程修了
  • 1969年、都市計画コンサルタントの株式会社UG都市設計を設立。代表取締役就任 
  • 1991年、同社代表取締役社長に就任
  • 1998年、関連会社である建築設計事務所と合併し、株式会社UG都市建築と改称
  • 1999年、日本ERI株式会社を設立、同社代表取締役社長に就任
  • 2002年、UG都市設計の社長退任後、最高プロジェクト顧問
  • 2011年、日本ERI株式会社会長に就任
  • 2012年、日本ERIの社史『理念先行』(幻冬舎)を発行。耐震偽装事件について言及。書店での一般販売はしていない。
  • 現在は両社ともに全役職から退いている。