鈴木屋敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木屋敷(すずきやしき)は、和歌山県海南市藤白466番地の藤白神社[1]内に現存する、熊野信仰を広めた神官の一族である藤白鈴木氏がかつて居住していた屋敷だとされている建物[2]。全国で二番目に多い[3]鈴木」姓の発祥の地とされる[4]。牛若丸(源義経の幼名)が熊野往還のたびに滞在して山野で遊んだという言い伝えがある。屋敷の前には「曲水園」という、今も残る歴史ある日本庭園がある[2]

2013年5月22日に開催された第7回全国鈴木サミット&鈴木フォーラムにおいて、全国に200万人ほどいるとされる「鈴木さん」に、朽ち果てた鈴木屋敷復元のための寄付が呼びかけられた。自動車メーカースズキ鈴木修会長兼社長もフォーラムに参加し、「スズキの海外進出」と題した基調講演を行った[5][6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度8分39.511秒 東経135度12分33.811秒