鈴木宣之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 宣之
誕生 (1942-12-08) 1942年12月8日(76歳)
日本の旗 日本 愛知県名古屋市熱田区
職業 実業家作家アマチュア野球指導者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 芝浦工業大学工学部二部
活動期間 1995年 -
ジャンル エッセイ
主題 イチロー
デビュー作 『父と息子 イチローと私の二十一年』(1995年)
子供 鈴木一泰(長男)
イチロー(次男)
親族 福島弓子(義娘)
鈴木来海(孫)
有限会社オフィス・イチロー及び有限会社ビー・ティー・アール代表
テンプレートを表示

鈴木 宣之(すずき のぶゆき、1942年12月8日 - )は、日本実業家作家、アマチュア野球指導者。愛知県名古屋市熱田区幡野町出身。東海中学校・高等学校芝浦工業大学工学部二部卒業。

高校在学中は外野手として野球部で活動。3年生のとき、夏の愛知県大会ベスト4進出。大学卒業後は、東京都品川区西中延の伯父の会社に勤務。1970年、愛知県西春日井郡にて機械部品製造会社を創業した。

イチローの実父で、イチローの個人事務所「オフィス・イチロー」の代表も務める。イチローの父親であることから、「チチロー」と呼ばれることもある。また、ファッションモデルの鈴木来海は孫に当たる。

イチローが小学校の3年生の時から中学に入るまで、学校から帰宅して日が沈むまで毎日、野球の練習に付き添い、また練習後は毎晩イチロー選手の足の裏をマッサージをしていた[1]

来歴・人物[編集]

著書[編集]

脚注[編集]