鈴木宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 宏(すずき ひろし、1926年 - 2013年)は、日本医学者山梨医科大学名誉教授。財団法人ウイルス肝炎研究財団常務理事。栃木県出身。

来歴[編集]

旧制東京府立第八中学校に入学するが進級が出来ず、旧制栃木県立栃木中学校を経て、旧制松本高等学校理科乙類、東京帝国大学医学部卒業。

東京大学医学部附属病院第一内科入局、1980年山梨医科大学(現 山梨大学内科学講座第1教室(第一内科)初代教授。1992年に山梨医科大学第2代学長。

著書[編集]

  • 「ウイルス肝炎―急性肝炎から肝癌まで」(林康之との共著)(医学書院)
  • 「C型肝炎update―基礎から臨床まで」(古田精市との共著)(中外医学社)

参考文献[編集]

  • 荻上悦子著「春寂寥 旧制松本高等学校人物誌」 2008年

外部リンク[編集]