鈴木孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鈴木 孝夫(すずき たかお、1926年大正15年〉11月9日 - )は、日本言語学者評論家慶應義塾大学名誉教授杏林大学名誉教授。(財)日本野鳥の会顧問。谷川雁研究会特別顧問。

人物[編集]

東京都生まれ。父親は鈴木菫(ただし)、東京府立第四中学校の教諭、書道家、孝夫は夫婦の4番目の末っ子で生まれた。父親は芸事で弟子を作らなかったが、その点孝夫はその性質を継いでいる。[1]1944年慶應大学医学部予科に入学。 慶應義塾大学医学部予科修了後、英語を研究したいという思いを捨てきれず、[2]文学部英文学科に編入。半年ばかり肋膜炎に罹患、寝たり起きたりした。1950年、慶應義塾大学文学部英文科を卒業(指導教授は井筒俊彦)。専攻言語社会学。1950年同じ学校の野口玲子と結婚。ガリオア奨学金で留学した。最初はミシガン大学ということであったが、期待していた講義がなかった。ミシガン大学では、相部屋拒否闘争を行った。 イリノイ大学イェール大学オックスフォード大学ケンブリッジ大学などの客員教授、フランス国立社会科学高等研究院などを歴任。

英語公用化論、地球環境論などについても積極的に発言している。英語帝国主義批判の主要な論客としても知られる。

著書[編集]

  • 『鈴木孝夫著作集』(全8巻:岩波書店、1999-2000年)
  1. 『ことばと文化 私の言語学』
  2. 『閉された言語 日本語の世界』
  3. 『日本語は国際語になりうるか』
  4. 武器としてのことば
  5. 『日本語と外国語』
  6. 『教養としての言語学』
  7. 『日本人はなぜ英語ができないか』
  8. 『人にはどれだけの物が必要か』

単著[編集]

  • 『ことばと文化』(岩波新書、1973年)
  • 『ことばと社会』(中央公論社〈中公叢書〉、1975年)
  • 『閉された言語・日本語の世界』(新潮選書、1975年)
  • 『ことばの人間学』(新潮社、1978年/新潮文庫、1981年)
  • 武器としてのことば 茶の間の国際情報学』(新潮選書、1985年)
  • 『私の言語学』(大修館書店、1987年)
  • 『ことばの社会学』(新潮社、1987年/新潮文庫、1991年)
  • 『日本語と外国語』(岩波新書、1990年)
  • 『人にはどれだけの物が必要か』(飛鳥新社、1994年/中公文庫、1999年 副題「ミニマム生活のすすめ」/新潮文庫、2014年)
  • 『日本語は国際語になりうるか 対外言語戦略論』(講談社学術文庫、1995年)
  • 『教養としての言語学』(岩波新書、1996年)
  • 『鈴木孝夫 言語文化学ノート』(大修館書店、1998年)
  • 『日本人はなぜ英語ができないか』(岩波新書、1999年)
  • 『英語はいらない!?』(PHP新書、2001年)
  • 『アメリカを知るための英語、アメリカから離れるための英語』(文藝春秋、2003年)『言葉のちから』(文春文庫、2006年)
  • 『日本人はなぜ日本を愛せないのか』(新潮選書、2005年)
  • 『私は、こう考えるのだが。 言語社会学者の意見と実践』(人文書館、2007年)
  • 『新・武器としてのことば 日本の「言語戦略」を考える』(アートデイズ、2008年)
  • 『日本語教のすすめ』(新潮新書、2009年)
  • 『しあわせ節電』(文藝春秋、2011年)
  • 『あなたは英語で戦えますか 国際英語とは自分英語である』(冨山房インターナショナル、2011年)
  • 『日本の感性が世界を変える 言語生態学的文明論』(新潮新書、2014年)
  • 『鈴木孝夫の曼荼羅的世界 言語生態学への歴程』冨山房インターナショナル 2015

共著・編[編集]

翻訳[編集]

  • エルンスト・ライズイ『意味と構造』研究社出版 1960 のち講談社学術文庫

関連文献[編集]

  • 池田雅之、滝澤雅彦編集 『比較文化のすすめ 日本のアイデンティティを探る必読55冊』早稲田大学国際言語文化研究所。2012年 ISBN 978-4-7923-7095-4
  • 矢崎祥子 『言語生態学者 鈴木孝夫』冨山房インターナショナル 2014年 ISBN 978-4-905194-83-5

研究誌[編集]

  • 鈴木孝夫研究会編 『鈴木孝夫の世界〜ことば・文化・自然〜 第1集』 冨山房インターナショナル、2010年10月、ISBN 4902385953
  • 鈴木孝夫研究会編 『鈴木孝夫の世界〜ことば・文化・自然〜 第2集』 冨山房インターナショナル、2011年7月、ISBN 4905194164
  • 鈴木孝夫研究会編 『鈴木孝夫の世界〜ことば・文化・自然〜 第3集』 冨山房インターナショナル、2012年4月、ISBN 4905194369
  • 鈴木孝夫研究会編 『鈴木孝夫の世界〜ことば・文化・自然〜 第4集』 冨山房インターナショナル、2012年10月、ISBN 4905194466

雑誌[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 矢崎[2014:20-49]
  2. ^ 矢崎[2014:129]