鈴木善次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 善次
人物情報
生誕 1933年
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京教育大学(現・筑波大学)卒業
学問
研究分野 生物学
科学史
研究機関 山口大学
大阪教育大学
称号 大阪教育大学名誉教授
主要な作品 『人間環境論 科学と人間のかかわり』(明治図書出版、1978年)
『進化とはなにか 20億年の謎を探る』(ジュリアン・ハクスリー著、長野敬共訳、講談社ブルーバックス、1986年)他
テンプレートを表示

鈴木 善次(すずき ぜんじ、1933年 - )は、日本の生物学者、科学史家である。大阪教育大学名誉教授。専門は科学史、科学教育。

来歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。1956年東京教育大学理学部卒業、1958年同農学部卒業。山口大学教養部助教授、同大学教授、1985年頃、大阪教育大学教育学部教授を歴任。1997年定年退官、同大学名誉教授となる。

著書[編集]

  • 『生物学のあゆみ』第一法規出版 1970 理科教育のための科学史
  • 『生物とは何だろう』第一法規出版 自然を探究した科学者たち 1972
  • 『人間が創った生物 神への挑戦がもたらしたもの』講談社ブルーバックス 1974
  • 『人間環境論 科学と人間のかかわり』明治図書出版 1978
  • 『日本の優生学 その思想と運動の軌跡』三共出版 1983 三共科学選書
  • 『随想・科学のイメージ 日本人はどう受けとめてきたか』海鳴社 1986
  • 『人間環境教育論 生物としてのヒトから科学文明を見る』創元社 1994
  • 『バイオロジー事始 異文化と出会った明治人たち』吉川弘文館 2005 歴史文化ライブラリー

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]