鈴木哲雄 (仏教学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 哲雄(すずき てつお、1934年 - )は、日本の仏教学者、博士。愛知学院大学名誉教授。

来歴[編集]

静岡県生まれ。1957年静岡大学教育学部国語科卒業。中学教諭を経て、1969年駒澤大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。愛知学院大学文学部助教授を経て教授に就任。

1985年『南宗禅の発展過程の研究 』で博士号(文学、駒澤大学)取得[1]

静岡県の曹洞宗福王寺住職[2]

著書に『乾坤院本伝光録(東土篇)研究』『中国禅宗寺名山名辞典』『唐代の禅僧・雪峰~祖師禅を実践した教育者』『宋代禅宗の社会的影響』『中国主要地名辞典 - 隋~宋金』など[3]

受賞[編集]

  • 1973年 日本印度学仏教学会賞[4]

著書[編集]

論文[編集]

出典[編集]

  1. ^ 博士論文『南宗禅の発展過程の研究 』~国立国会図書館
  2. ^ 著者紹介~紀伊國屋書店
  3. ^ 著書~紀伊國屋書店
  4. ^ 1973年 日本印度学仏教学会賞~日本印度学仏教学会

外部リンク[編集]