鈴木史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 史郎(すずき しろう、1946年4月 - )は、日本の物理学者佐賀大学理工学部物理科学科名誉教授。理学博士。主な研究分野は高エネルギー実験物理学。

茨城県つくば市高エネルギー加速器研究機構(KEK)にある世界最高強度の加速器Bファクトリーを使ってCP対称性の破れの研究を行っている。

また、大強度陽子加速器(J-PARC)でのKL中間子稀崩壊によるCP対称性の破れの検出実験(E14)の準備として、高速ガンマー線検出器の開発に取り組んでいる。

略歴[編集]

  • 1969年 - 東京大学理学部物理学科を卒業
  • 1973年 - 東京大学大学院理学研究科物理学専攻を退学
  • 1974年 - 東京大学にて理学博士の学位を取得
  • 1975年 - 名古屋大学理学部助手
  • 1988年 - 名古屋大学理学部助教授
  • 2001年 - 四日市大学総合政策学部教授
  • 2004年 - 佐賀大学理工学部教授に就任
  • 2012年 - 佐賀大学理工学部教授を退任

外部リンク[編集]