鈴木勝 (観光学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき まさる
鈴木 勝
生誕 1945年
千葉県
出身校 早稲田大学
職業

大阪観光大学名誉教授

川村学園女子大学目白観光文化研究所研究主幹

鈴木 勝(すずき まさる、1945年 - )は、日本観光学者大阪観光大学名誉教授。専門は観光マーケティング論[1][2]

概要[編集]

千葉県出身。埼玉県在住[3]1967年早稲田大学商学部を卒業し、日本交通公社(後のジェイティービー)に入社。1981年からオーストラリアシドニー駐在を5年、1989年から中国北京駐在を4年経験する。関連会社の取締役などを経て、2000年3月にJTBを退社、4月から大阪観光大学観光学部助教授に転じた。2002年に教授となった後、2008年桜美林大学ビジネスマネジメント学群教授に転じ、2015年より共栄大学国際経営学部客員教授、2017年退任[4]。2017年より川村学園女子大学目白観光文化研究所研究主幹となる。

おもな業績[編集]

単著[編集]

  • "コアラの国"の法律あれこれ : オーストラリア学入門 一駐在員の法律雑記帳より、早稲田経営出版、1988年
  • 55歳から大学教授になる法 (Asuka business & language books)、明日香出版社、2003年
  • 中国にうまく滞在する法 : 北京駐在1450日、日中出版、1995年(新装版:1997年)
  • 中国人とうまくつきあう法 : 体験的・中国社交術、日中出版 1997年
  • 国際ツーリズム振興論 : アジア太平洋の未来、税務経理協会、2000年
  • 観光立国ニッポン事始め(鈴木教授の観光学オピニオン・シリーズ 1)、NCコミュニケーションズ/日中出版、2008年
  • 観光後進国ニッポン、海外に学べ!(鈴木教授の観光学オピニオン・シリーズ 2)、NCコミュニケーションズ/日中出版、2009年
  • 観光立国ニッポンのための観光学入門 実践編(鈴木教授の観光学オピニオン・シリーズ 3)、NCコミュニケーションズ/日中出版、2011年

共著[編集]

  • (国松博との共著)観光大国中国の未来、同友館、2006年

出典[編集]

  1. ^ “[生活わいど]変わるニッポン観光 情報充実、目的はっきり”. 読売新聞(東京朝刊): p. 17. (2008年6月11日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  2. ^ 仲村和代 (2012年5月9日). “海外旅行のキャンセル料、90日前から? 観光庁前倒し案 重複予約増で業界悲鳴”. 朝日新聞(朝刊): p. 39  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 2016年1月19日放送のNHK総合テレビ「NEWS WEB」にて本人の発言。
  4. ^ 略歴”. 鈴木勝. 2012年7月27日閲覧。

外部リンク[編集]