鈴木券太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 券太郎(すずき けんたろう、文久2年12月1863年〉 - 1939年昭和14年〉3月14日)は、明治から大正・昭和にかけて非常に著名だった国権主義的なジャーナリスト教育者。号は醇庵。他に乳水陳人、毛山狂生など。

経歴[編集]

備中国生まれ。1879年明治12年)4月7日に上京し、慶應義塾に入学(『慶應義塾入社張』第二巻)。卒業後は「大阪日報」に入り、1882年(明治15年)に自由民権運動に参加し、「嚶鳴雑誌」の幹事となり、「東京横浜毎日新聞」を経て、同年に「日本立憲政党新聞」に転じた。1885年(明治18年)、1892年(明治25年)と二度にわたって「山陽新報」主筆を務める。『欧化主義ヲ貫カザル可ラズ』は第一回目主筆時代の論説である。小松原英太郎退社後、万代義勝大江考之永田一二江口高邦福井彦次郎と続いたのちの7代目主筆。

1887年(明治20年)10月の退社後は政教社に入り、『日本人』『亜細亜』等に執筆、のち「日本新聞社」の記者として活躍。1892年(明治25年)に「山陽新報」へ再び入社し二度目の主筆。1906年(明治39年)6月から1907年(明治40年)12月まで徳島県立徳島中学校校長、1907年(明治40年)12月3日から1909年(明治42年)10月まで佐賀県立佐賀中学校校長。政教社では『亜細亜人』という有名な論陣を張り、「興亜策」を唱えた。その後中央報徳会の機関紙『斯民』に連載、「遠江国報徳社」「大日本報徳社」とも関係を持ったというが詳細は分かっていない。明治43年慶應義塾特選塾員。大阪府立天王寺中学校長も務めた。

著作[編集]

  • 『やまと経済学』
  • 『貨幣論綱』
  • 『日本婚姻法論略』
  • 『亜細亜人』
  • 『日本親族相続法義解』
  • 『犯罪論乃女性犯人』
  • 『人種体質論及日本風土』

参考文献[編集]

  • 『丸山真男話文集』(全4巻) (丸山真男手帖の会編 みすず書房 2008~09年)

外部リンク[編集]