鈴木健太 (裁判官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 健太(すずき けんた、1949年昭和24年)7月26日 - )は、日本の元裁判官情報公開・個人情報保護審査会委員。

略歴[編集]

判断した主な事件[編集]

判決に対する批判意見[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “政府、6機関17人を提示=原子力規制委員に石渡氏ら-国会同意人事”. 時事通信. 時事ドットコム. (2014年5月27日). http://www.peeep.us/fd4b009b 2014年7月29日閲覧。 
  2. ^ “田中東大大学院教授の規制委人事承認=国会”. 時事通信. 時事ドットコム. (2014年6月11日). http://www.peeep.us/5c70db44 2014年7月29日閲覧。 
  3. ^ “最高裁人事(25日、26日付)”. 朝日新聞デジタル. (2014年7月26日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11265631.html 2014年7月28日閲覧。 
  4. ^ “過労自殺、病院賠償2審も認めず 小児科医遺族の訴訟”. 共同通信. (2008年10月22日). http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008102201000470.html 
  5. ^ “西武鉄道株虚偽記載、賠償を減額 東京高裁判決”. 日本経済新聞. (2010年3月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2403X_U0A320C1CR8000/?at=ALL 
  6. ^ “《判決全文》オリンパス内部通報者の配転を無効に、東京高裁”. 朝日新聞 (法と経済のジャーナル). (2011年9月2日). http://judiciary.asahi.com/articles/2011090100020.html 
  7. ^ “東京大空襲の控訴審判決 民間人補償を棄却 東京高裁”. しんぶん赤旗. (2012年4月26日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-26/2012042615_02_1.html 
  8. ^ ほっかほっか亭総本部が逆転勝訴、東京高裁、プレナスに11億円賠償命ず”. @braina.com. 知財情報局 (2012年10月18日). 2013年12月2日閲覧。
  9. ^ “二審も「処分重すぎ」飲酒翌日の酒気帯び運転で免職”. 日本経済新聞. (2013年5月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG29048_Z20C13A5CR8000/ 
  10. ^ “高裁は名誉毀損認めず 島田紳助さんの週刊誌報道”. 日本経済新聞. (2013年7月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG04054_U3A700C1CR8000/ 
  11. ^ “鈴木宗男氏が二審も敗訴 東京高裁、偽証認めず”. 共同通信. (2013年8月29日). http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082901001226.html 
  12. ^ 参院選比例代表選は「合憲」 非拘束名簿式めぐる選挙無効訴訟で東京高裁”. msn産経ニュース. 2013年11月13日閲覧。
  13. ^ 川名壮志 (2014年1月15日). “グーグル訴訟:高裁は検索予測認める 都内男性、逆転敗訴”. 毎日新聞. オリジナル2014年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140202120220/http://mainichi.jp/select/news/20140116k0000m040079000c.html 2014年1月16日閲覧。 
  14. ^ “海自いじめ訴訟、国に7300万円の賠償命じる 東京高裁”. 日本経済新聞. (2014年4月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2301T_T20C14A4CR0000/ 2014年4月25日閲覧。 
  15. ^ 椎名麻紗枝・著 『100万人を破滅させた大銀行の犯罪』 講談社 2001年9月 ISBN 978-4062106955
  16. ^ NTTリストラ静岡裁判・東京高裁判決 「請求棄却」の不当判決! - 通信産業労働組合、2010年10月11日
  17. ^ 「セブンイレブンイメージ」の一言でやり放題 加盟店主苦しめる“奴隷契約”にお墨付き与えた東京高裁 - My News Japan、三宅勝久、2012年6月27日