鈴木佑治 (言語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 佑治(すずき ゆうじ、1944年3月 - )は、日本言語学者慶應義塾大学名誉教授、立命館大学客員教授。

略歴[編集]

静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身[1]

1966年慶應義塾大学文学部英文学科卒業。 1968年早稲田大学大学院英文学研究科修士課程修了。 1973年ハワイ大学大学院修士課程修了。 1978年ジョージタウン大学大学院博士課程修了(Ph.D.取得)。

1978年に慶大経済学部に助教授として赴任し英語を担当。 1990年4月に新設された同大学湘南藤沢キャンパスに移籍。 2008年3月に慶大を定年退職し、名誉教授となる。同年4月に立命館大学生命科学部に教授として赴任。 2014年3月立命大を定年退職し、同年4月より客員教授に就任した[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『言語とコミュニケーションの諸相』(創英社, 2000年)
  • 『グローバル時代の英語・英語教育』(公共政策研究所, 2003年)
  • 『英語教育のグランド・デザイン』(慶應義塾大学出版会, 2003年)
  • 『カタカナ英語でカジュアル・バイリンガル』(日本放送出版協会, 2003年)
  • 『プロジェクト発信型英語 volume 1-2』(郁文堂, 2008・2009年、南雲堂, 2014・2015年)
  • 『グローバル社会を生きるための英語授業』(創英社, 2012年)
  • 『最新科学と人の今を読む』(南雲堂, 2015年)

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第17回 交流しなければ英語は身に付かない - 国際教育交換協議会
  2. ^ 『最新科学と人の今を読む』(南雲堂, 2015年)