鈴木一敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 一敏(すずき かずとし、1975年 - )は日本の国際政治学者上智大学総合グローバル学部教授。専門は国際政治経済論、マルチエージェント・シミュレーション。主な研究対象は通商交渉政策決定過程。第30回大平正芳記念賞受賞[1]

来歴[編集]

静岡県静岡市生まれ[2]。1999年、東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修士、東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得退学(博士)。東京大学学術研究支援員、日本学術振興会特別研究員広島大学法学部准教授等を経て2018年4月より上智大学総合グローバル学部教授。2014年、第30回大平正芳記念賞受賞。

単著[編集]

  • 日米構造協議の政治過程 - 相互依存下の通商交渉の国内対立の構図(ミネルヴァ書房、2013年3月)

共著[編集]

  • 刑事法学の未来(信山社出版、2017年10月)
  • グローバル・ガバナンス学I 理論・歴史・規範(法律文化社、2018年2月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木一敏准教授が大平正芳記念賞を受賞しました 広島大学、2014年8月12日更新。
  2. ^ 第30回大平正芳記念賞受賞作及び受賞者名 公益財団法人大平正芳記念財団

参考文献[編集]

  • 日米構造協議の政治過程、著者紹介

外部リンク[編集]