鈴木そう兵衛 (8代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「鈴木摠兵衛 (8代目)」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

鈴木 摠兵衛(すずき そうべえ、1856年3月27日安政3年2月21日[1] - 1925年大正14年)12月28日[2])は、明治時代から大正時代の実業家政治家。鹿山と号した[3]

人物[編集]

名古屋城針屋町において酒造業を営む日比野家に茂三郎として生まれたが、先代の鈴木惣兵衛に取り立てられ、1874年明治7年)に鈴木家の養子となった[4]。翌年2月には、同じく先代により知多屋を営む青木新四郎家からの養女と結婚し、8代目として家督を継ぐこととなった[4]。当時の鈴木家は経営再建を求められており、家財の売却を積極的に行った[4]。また、家業である木材についての知識を深めるため、伊藤次郎左衛門に頼み、木曽山中や飛騨山中に数年間赴いた[5]

家業が軌道に乗ると、明治銀行愛知時計電機名古屋倉庫名古屋瓦斯福壽火災保険などの創立に関わり、取締役などにも次々に就任した[6]

また、名古屋実業界においても、名古屋商業会議所の議員を務め、1914年大正3年)12月12日には前任の奥田正香の辞任を受けて会頭に就任している[6]

同時に政治家としての顔も持ち、1898年(明治31年)以降、1912年(明治45年)に至るまで衆議院議員を務め、その後1916年(大正5年)10月には貴族院議員にも選出され[7]、1925年9月まで在任した[8]。また、1915年(大正4年)から1921年(大正10年)には名古屋市会議員、愛知県会議員も5回にわたって務めた[7]

1925年(大正14年)12月28日病没[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木摠兵衛(8代)”. コトバンク. 2017年6月5日閲覧。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』333頁では「12月23日」。『愛知百科事典』432頁では「12月29日」。
  3. ^ 林董一 1976, p. 432.
  4. ^ a b c 北見昌朗 2016, p. 54.
  5. ^ 北見昌朗 2016, pp. 54-55.
  6. ^ a b 北見昌朗 2016, p. 55.
  7. ^ a b c 北見昌朗 2016, p. 56.
  8. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』205頁。

参考文献[編集]

  • 林董一 「鈴木摠兵衛」『愛知百科事典』 中日新聞社、1976年、432頁(日本語)。ASIN B000J8CY8E
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『角川日本姓氏歴史人名大辞典23 愛知県』 愛知県姓氏歴史人物大辞典編纂委員会、角川書店、1991年10月30日、492頁(日本語)。ISBN 4-04-002230-0
  • 北見昌朗 『愛知千年企業 大正時代編 「大恐慌の次は震災」の時代を生き抜いた名古屋商人群像』 北見昌朗(日本語)。ISBN 978-4-8062-0701-6

関連項目[編集]


先代:
奥田正香
名古屋商工会議所会頭
第7代:1913年 - 1920年
次代:
上遠野富之助