鈴川貫一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴川 貫一(すずかわ かんいち、1883年明治16年)11月 - 1963年昭和38年)1月22日[1])は、日本の電気技術者、実業家。中国配電(現・中国電力)社長。鈴川合資会社代表社員[2]

人物[編集]

広島県・鈴川源三郎の男[3]1885年家督を相続する[3]1910年京都帝国大学工科電気工学科卒業[4]島津公爵家電気事業主任技師、1912年、広島呉電力技師長、支配人、取締役、広島電気取締役、技師長、支配人、常務取締役を経て副社長[4]

俊敏穏健な努力家で、副社長の時代から社内外の事務をほとんど一人で切り回し、全く広島電気を背負って立っていた観があった[5]。多年守屋義之社長を助けた[5]。守屋が社長勇退と同時に鈴川が社長になった[5]。また東洋合成化学工業[6]、 木ノ江電気[7]、瀬戸内海横断電力、広電証券、中国塗料、太田川水力各取締役、白石工業、日本電熱器製造各監査役等を務めた[8]。戦後、公職追放となった[9]

処世の信条は、敬天愛人[4]。趣味は書画骨董[3]。宗教は真宗[3]本籍は広島市段原町[4]。族籍は広島県平民だった[10]

家族・親族[編集]

鈴川家

広島市段原町[8][10]、同市比治山本町[3][6][11]

  • 父・源三郎[3]
1858年 -
明治維新当時は区長として公共に尽くし、壮年の頃は鋳造家として活動した[7]。段原郵便局長を務めた[7]
  • 母・カネ(広島、吉田三右衛門の長女)[3]
1867年 -
  • 養妹(旧姓・杉野)[10]
1912年 -
  • 妻・キミ(広島、中田與兵衛の長女)[3]
1890年 -
  • 養子・昌造(東洋合成化学工業監査役[11]、旧姓・竹尾)[12]
1903年 -
  • 同妻・光子(広島、中田信一の長女、鈴川貫一の養子)[12]
1912年 -

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、659頁。
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録 第44回』下編425頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第12版 上』ス53頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c d 『広島県紳士録 昭和8年版』101頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月16日閲覧。
  5. ^ a b c 『人的事業大系2(電力篇)』132-133頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月12日閲覧。
  6. ^ a b 『日本紳士録 第41版』広島ス、セ、ソの部13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月15日閲覧。
  7. ^ a b c 『広島県紳士名鑑』208頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月25日閲覧。
  8. ^ a b 『人事興信録 第9版』ス43頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月11日閲覧。
  9. ^ 『公職追放に関する覚書該当者名簿』597頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月13日閲覧。
  10. ^ a b c 『人事興信録 第7版』す40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月1日閲覧。
  11. ^ a b 『日本紳士録 第44版』広島シ、スの部13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月2日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 『人事興信録 第14版 上』ス47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『広島県紳士名鑑』国民教育普及社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 『広島県紳士録 昭和8年版』西日本興信所、1933年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第44回』商業興信所、1936年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第41版』交詢社、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 中外産業調査会編『人的事業大系2(電力篇)』中外産業調査会、1939年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年。