釣耕園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
外観

釣耕園(ちょうこうえん)は熊本県熊本市西区島崎五丁目にある、第3代肥後藩主細川綱利が建てた「お茶屋」と呼ばれる別荘の一つである[1]肥後藩中老で漢詩人の米田波門が、その景観を「雲を耕し月を釣る(釣月耕雲)」と詩に詠じたことから名づけられた[1]。現在個人の所有であるが、見学することができる。庭園は飛石を配した池に山渓を取り入れて中心に配している[1]。庭園南側の崖にはシャクナゲの群落がある[1]

交通[編集]

近隣の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 市指定記念物・遺跡・史跡-釣耕園・島崎5丁目(熊本市ウェブサイト),2012年1月18日閲覧。

座標: 北緯32度48分45.7秒 東経130度40分52.4秒