針木康雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

針木 康雄(はりき やすお、1931年11月11日 - 2012年2月14日)は、日本経済評論家。株式会社経営塾会長。

来歴・人物[編集]

北海道小樽市出身。早稲田大学文学部中退。

1957年、財界研究所に入社。雑誌『財界』編集長、主幹などを務めたが、1983年退社。1987年株式会社経営塾を設立。翌年雑誌『月刊経営塾(現月刊BOSS)』を創刊。

一方では政界や財界などの人物による勉強会である『経営塾フォーラム』を主宰するなど、幅広い活動も行っていた。

2012年2月14日、急性心不全のため死去[1]。月刊BOSS編集長の関慎夫によると『夜、自宅で就寝したまま亡くなった』とのことである[2]。80歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 針木康雄氏が死去 経営評論家 日本経済新聞2012年2月15日閲覧
  2. ^ 針木康雄逝去 BOSSの独り言 2012年2月15日付