針ノ木峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
針ノ木峠
針ノ木岳方面から望む針ノ木峠にある針ノ木小屋と蓮華岳
針ノ木岳方面から望む針ノ木峠にある針ノ木小屋と蓮華岳
標高 2,536 m
所在地 日本の旗 日本 長野県大町市富山県中新川郡立山町
位置 北緯36度32分13.8秒 東経137度41分39.8秒 / 北緯36.537167度 東経137.694389度 / 36.537167; 137.694389座標: 北緯36度32分13.8秒 東経137度41分39.8秒 / 北緯36.537167度 東経137.694389度 / 36.537167; 137.694389
山系 飛騨山脈後立山連峰
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

針ノ木峠(はりノきとうげ)は、長野県大町市富山県中新川郡立山町にまたがる峠。飛騨山脈後立山連峰)の針ノ木岳蓮華岳の鞍部に位置。標高は2,536m。

概要[編集]

非常に険しい山岳地帯であるが、古くは信濃国越中国を結ぶルートの要衝であった。冬場は、人を寄せ付けない豪雪地帯となるが、1584年の冬には佐々成政遠江国浜松城主の徳川家康に直訴するために冬の峠を越えた伝説(さらさら越え)も残る[1]江戸時代になると加賀藩松本藩の境界となった。しばしば信州側から黒部峡谷内に向け森林の盗伐が行われたため、加賀藩による奥山廻り(視察)ルートの一つにもなった。峠は、盗伐者側(盗伐者は黒部川まで松本藩との認識があったが、いずれにせよ藩の伐採許可は得ていない)の拠点ともなり小屋もかけられていた時期もあった[2]明治時代になり、加賀藩の影響力がなくなると信州と越中を結ぶ短絡路として立山新道(信越連帯新道または針ノ木新道)の建設が進められた[3]。牛馬が通れる道幅9尺の有料道路として、1880年(明治13年)に完成を見たが、2シーズンだけ管理されたのち運営会社が解散。19世紀末には信越本線の暫時延伸もあり商業ルートとしての価値は低下、登山者などに供せられつつ緩やかに廃道と化した。1930年頃には、峠に針ノ木小屋(山小屋)が掛けられて、以後、北アルプス縦走路の要衝となった。

脚注[編集]

  1. ^ 会報平成14年1月号新春特別企画「佐々成政と富山」立山博物館ホームページ 2017年2月19日閲覧
  2. ^ 登山の歴史―針ノ木峠の歴史から北アルプスと人とのかかわりを探る―…関悟志・市立大町山岳博物館学芸員YOMIURI ONLINE 読売新聞(2014年10月3日)2017年2月19日閲覧
  3. ^ 「大山町史」第6章 交通・通信の発達 p544 大山町史編纂委員会編 1964年発行