釜山開成中学校暴行致死事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

釜山開成中学校暴行致死事件(プサンケソンちゅうがっこうぼうこうちしじけん)は、2005年10月1日釜山広域市釜山鎮区にある開成中学校で加害者Aが被害者Bを一方的に暴行して殺害した事件である。被害者Bは、病院に入院していた中で10月5日に死亡した。加害者Aは、11月1日に保釈釈放後、12月2日に釜山地裁から保護処分を受けた。

ラマの『10月1日』は、この事件をテーマにした歌である。

脚注[編集]