金雪松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金雪松
各種表記
ハングル 김설송
漢字 金雪松
発音: キム・ソルソン
英語表記: Kim Sol-sung
テンプレートを表示

金 雪松(キム・ソルソン、朝鮮語: 김설송1974年12月30日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国の第2代最高指導者の金正日総書記と、彼の3人目の妻の金英淑の間に生まれた女子であり、同国の第3代最高指導者の金正恩の異母姉である。本貫全州金氏

概要[編集]

金雪松は、金正日・金英淑夫妻の第一子である。金英淑は洪一茜成蕙琳に次ぐ3人目の金正日の妻であり、洪一茜と成蕙琳にも子がいたため、金雪松は金正日の3人目の子供(2人目の女子)である。金雪松は大学を卒業後、朝鮮労働党中央委員会宣伝煽動部に配属になり、父・金正日の秘書的な立場で日々の業務にあたっていた。

初等教育を受けた後、マルタ共和国英語を学び、欧州各地でフランス語スペイン語を学んだという。北朝鮮に戻った後は康盤石遺子女大学に編入し、党建設と財政経済学を学んだ。

その後金日成総合大学社会学部経済学科6ヶ月特別コースを二回履修した。2回目には生物学も学んだ。

備考[編集]

参考文献[編集]

https://nkleadershipwatch.wordpress.com/kim-family/