金雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金 雄
生誕 1912年
慶尚北道
死没 不明
所属組織 新四軍
朝鮮義勇軍
朝鮮人民軍
最終階級 朝鮮人民軍大将
テンプレートを表示
金雄
各種表記
ハングル 김웅
漢字 金雄
発音: キム・ウン
日本語読み: きん ゆう
ローマ字 Kim Ung
テンプレートを表示

金 雄(キム・ウン、김웅1912年-1958年?)は朝鮮民主主義人民共和国軍人。中国名は王信虎延安派に所属。日中戦争では新四軍で活動し、最も高い地位にいた朝鮮人であった[1]朝鮮戦争開戦時の第1軍団長。

人物[編集]

1912年、慶尚北道に生まれる。1930年代初めに中国に渡り1933年7月、中央陸軍軍官学校(第10期)入学。第1総隊歩兵大隊第3隊配属[2]。1936年6月に卒業後は延安に行き抗日軍政大学(第5期)で学び中国共産党に入党した。

1940年10月、八路軍第5縦隊に随行し、江蘇省北部へ南下する。新四軍第3師が創設されると同師の敵工部で働き、主に偵察、捕虜の尋問、破壊工作等をした。後に第3師第8旅作訓科副科長、科長、第22団参謀長、抗日軍政大学五分校教育長を歴任した。江蘇省北部で活動してた時期に反掃討作戦等の戦闘に参加。また日本軍の歩兵射撃教程を翻訳し、五分校の教材となった。

1942年7月、朝鮮義勇軍華北支隊第1隊隊長。1944年に朝鮮義勇軍華中支隊を組織する。1945年11月、新四軍区朝鮮義勇軍華中支隊長として瀋陽で延安や太行山脈から移動してきた義勇軍と合流し、朝鮮義勇軍第1支隊長。満州国共内戦に参加。

1946年3月に38度線以北に帰国し[3]、同年7月に中央保安幹部学校政治校長[4]

1947年5月、第1師団長。1948年3月、労働党中央委員会委員(第2回党大会)[5]。同年9月、民族保衛省戦闘訓練局長[6]

1950年6月、第1軍団長。朝鮮戦争が勃発すると西部方面を侵攻した。同年10月、前線総司令部参謀長。中国人民志願軍が参戦すると同年12月に中朝連合指揮部副司令員に就任[7]。東部戦線に金雄指揮部が組織され人民軍3個軍団を指揮[8]

1952年7月、民族保衛省副相[9]。同年12月、東海岸指揮部副司令[10]

休戦後は党委員、東欧諸国訪問団長を歴任[11]

1958年、「宗派分子」のレッテルを張られ、消息不明。

評価[編集]

軍人の能力は同じ延安派の武亭より優れていたと言われる[1]。また戦史編纂官のロイ・アップルマンは、金雄を「豪傑」「精力的で厳格」と評し、朝鮮人民軍の指揮官で最も有能と述べている[12]

出典[編集]

  1. ^ a b 和田春樹. 朝鮮戦争全史. pp. p. 173.. 
  2. ^ 中国黄埔軍校網. “南京本校第十期歩兵大隊第三隊学員姓名籍貫表” (中国語). 2016年3月26日閲覧。
  3. ^ 姜在彦. 金日成神話の歴史的検証. pp. p. 210.. 
  4. ^ 赤木完爾. 朝鮮戦争 休戦50周年の検証・半島の内と外から. pp. p. 8.. 
  5. ^ 和田春樹. 金日成と満州抗日戦争. pp. p. 364.. 
  6. ^ 赤木完爾. 朝鮮戦争 休戦50周年の検証・半島の内と外から. pp. p. 24.. 
  7. ^ 和田春樹. 朝鮮戦争全史. pp. p. 252.. 
  8. ^ 姜在彦. 金日成神話の歴史的検証. pp. p. 240.. 
  9. ^ 和田春樹. 朝鮮戦争全史. pp. p. 373.. 
  10. ^ 和田春樹. 朝鮮戦争全史. pp. p. 408.. 
  11. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 中巻. pp. p. 524.. 
  12. ^ ブルース・カミングス. 朝鮮戦争の起源.2. pp. p. 378.. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]