金関寿夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金関 寿夫(かなせき ひさお、1918年2月17日 - 1996年7月6日)は、日本の英文学者翻訳家東京都立大学名誉教授。専門はアメリカ現代詩先住民の詩。数多くの翻訳で知られる。

生涯[編集]

島根県松江市生まれ。同志社大学文学部英文科卒業。神戸大学教授、旧・東京都立大学教授、駒澤大学教授を歴任。

1992年、ガートルード・スタインを論じた『現代芸術のエポック・エロイク』で読売文学賞受賞。谷川俊太郎と友人。兄は人類学者の金関丈夫

著書[編集]

翻訳[編集]

外部リンク[編集]