金関寿夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金関 寿夫(かなせき ひさお、1918年2月17日 - 1996年7月6日)は、日本の英文学者翻訳家。専門はアメリカ現代詩先住民の詩。

島根県松江市生まれ。同志社大学文学部英文科卒業。神戸大学教授、東京都立大学教授、駒澤大学教授を歴任。東京都立大学名誉教授。1992年、ガートルード・スタインを論じた『現代芸術のエポック・エロイク』で読売文学賞受賞。数多くの翻訳で知られる。谷川俊太郎と友人。

著書[編集]

  • アメリカ現代詩ノート 研究社出版, 1977
  • アメリカ・インディアンの詩 中公新書, 1977
  • ナヴァホの砂絵 詩的アメリカ 小沢書店, 1980
  • アメリカは語る 第一線の芸術家たち 講談社現代新書、1983
  • 魔法としての言葉 アメリカ・インディアンの口承詩 思潮社 1988 のち平凡社ライブラリー
  • 異神の国から 文学的アメリカ 南雲堂 1990
  • 現代芸術のエポック・エロイク パリのガートルード・スタイン 青土社 1991
  • 雌牛の幽霊 谷川俊太郎,遊牧民訳 思潮社 1997
  • アメリカ現代詩を読む 思潮社, 1997

翻訳[編集]

  • 言語と人間 マックス・ブラック エンサイクロペディアブリタニカ日本支社 1968
  • アリス・B.トクラスの自伝 ガートルード・スタイン 筑摩書房 1971
  • クイニー H.キャリッシャー 中央公論社 1972
  • Notes. 1971 クレス・オルデンバーグ エディシオンエパーヴ 1973
  • あすはたのしいクリスマス クレメント・ムーア ほるぷ出版 1981
  • 百代の過客 日記にみる日本人 ドナルド・キーン 朝日新聞社 1984
  • 北米インディアン悲詩 エドワード・カーティス 横須賀孝弘共訳 アボック社出版局 1984
  • 続百代の過客 ドナルド・キーン 朝日新聞社 1988
  • 人間だって空を飛べる アメリカ黒人民話集 ヴァージニア・ハミルトン 福音館書店 1989
  • ハーメルンの笛ふき サラ&ステファン・コリン ほるぷ出版 1989
  • アメリカ・インディアンの神話 ナバホの創世物語 ポール・G.ゾルブロッド 迫村裕子共訳 大修館書店 1989
  • 日本人の美意識 ドナルド・キーン 中央公論社 1990
  • おれは歌だおれはここを歩くアメリカ・インディアンの詩 福音館書店 1992
  • 声の残り 私の文壇交遊録 ドナルド・キーン 朝日新聞社 1992
  • ロバート・ブライ詩集 谷川俊太郎共訳 思潮社 1993
  • このひとすじにつながりて ドナルド・キーン 朝日選書 1993
  • 森の生活 ヘンリー・D・ソロー 佑学社 1993
  • 今日は死ぬのにもってこいの日 ナンシー・ウッド めるくま-る 1996
  • スナイダー詩集 ノー・ネイチャー 加藤幸子共訳 思潮社 1996
  • ヴェネツィア・水の迷宮の夢 ヨシフ・ブロツキー 集英社 1996

外部リンク[編集]