金鉄霖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金鉄霖
繁体字 金鐵霖
簡体字 金铁霖
漢語拼音 Jīn Tiĕlín
生誕 (1940-05-21) 1940年5月21日(79歳)
満州国の旗 満州国 浜江省哈爾濱市(現黒竜江省
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
職業 歌手、音楽教育者
ジャンル 民族音楽、愛国音楽、軍歌
活動期間 1981年現在
配偶者 李穀一
馬秋華
子供 金聖權
影響 彭麗媛李穀一董文華湯燦宋祖英張也李丹陽閻維文劉斌呂継宏戴玉強祖海陳莉莉常思思朱之文レオン・ライミッシェル・リー
テンプレートを表示

金 鉄霖(きん てつりん、ジン・ティエリン、1940年5月21日—)は、中華人民共和国の歌手、音楽教育者[1]。元中国音楽家協会副主席、中国音楽学院院長、教授、碩士生導師、中国民族声楽学会副会長。門下生には彭麗媛李穀一董文華湯燦宋祖英張也李丹陽閻維文劉斌呂継宏戴玉強祖海陳莉莉常思思朱之文レオン・ライミッシェル・リーなどがいる。

略歴[編集]

1940年5月21日、満州国浜江省哈爾濱市(現黒竜江省)で生まれ。父は病院の院長です。

1960年8月に中央音楽学院に入学。沈湘に師事。卒業後、中央楽団に入団、独唱歌手を担当。

1981年—1985年、中国音楽学院で音楽教師をしていた。「金式唱法」と言われる独自の歌唱メソッドを開発した。

1996年—2009年9月、中国音楽学院院長。

2015年6月18日、中国音楽家協会第八届顧問[2]

脚注[編集]