金融検査庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金融検査庁(きんゆうけんさちょう)は、琉球政府通商産業局の外局。民間の金融機関の監督指導を目的とする。

1960年頃の沖縄の金融機関は、過当競争の弊害により、資産内容が悪化し業務運営が不健全になりつつあった。そこでキャラウェイ高等弁務官は、金融業界の刷新を図るべく、琉球政府に金融機関の監督権限を付与し、「金融検査部」を設けたのが始まりである。金融検査部は、キャラウェイの指示の下で金融機関の粛正を断行するなど、経営の合理化・健全化を推し進めていった。これら金融機関に対する粛正のことをキャラウェイ旋風と呼ぶ。

復帰後は、大蔵省に業務を移管した。

沿革[編集]

組織[編集]

金融検査庁の組織は以下の通りである(1972年5月14日現在)

  • 総務課
  • 銀行課
  • 理財課

参考文献[編集]

  • 照屋栄一『沖縄行政機構変遷史 明治12年~昭和59年』照屋栄一、1984年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]