金英淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キム・ヨンスク
金 英淑
김영숙
生誕1947年????
死没????????
金英淑
各種表記
ハングル 김영숙
漢字 金英淑
発音: キム・ヨンスク(キムニョンスク)
ローマ字 Kim Yŏngsuk(MR式
Gim Yeongsuk(2000年式
英語表記: Kim Yongsuk
テンプレートを表示

金 英淑(キム・ヨンスク、김영숙1947年)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の第2代最高指導者金正日の3番目の妻である。金日成が公認したため、金正日の正式の妻という形になっている。

略歴[編集]

朝鮮人民軍の高官の娘として生まれる。咸鏡南道の安全局でタイピストをしていたところを金日成に認められ、金正日と結婚した。娘が2人おり、金雪松金春松である。

しかし、金正日が愛人の高容姫に寵愛の軸足を移すにつれて、その存在は薄れていき、表舞台からは姿を消している。