金素雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金 素雲(きん そうん、キム ソウン、1907年1月5日 - 1981年11月2日)は、韓国釜山出身の詩人。本名は金 教煥、筆名は鉄 甚平(てつ・じんぺい)。号は巣雲、三誤堂。詩人・作家の北原綴は息子。歌手の沢知恵は孫。

概要[編集]

1920年、日本内地へ渡り、開成中学校夜間部中退、帝国通信共同通信の前身)記者を務める。1927年、白鳥省吾が主宰する雑誌『地上の楽園』に朝鮮農民歌謡を連載して日本の文壇に認められ、1928年以後、北原白秋岩波茂雄の後援で、『朝鮮民謡集』『朝鮮童謡選』『朝鮮詩集』などを刊行、朝鮮文化に疎かった(というよりほとんど情報を持ってなかった)日本の知識人に衝撃を与えた。萩原朔太郎とも親交があった。

戦後、韓国に復籍するが、1952年、ローマで開かれた国際ペンクラブ大会に出席ののち東京に立ち寄りそのまま帰国せず、14年間滞在し、室生犀星などと交友を深めた。1974年、大韓民国銀冠文化勲章受章。1981年、梅原猛を代表とする日本文化デザイン会議から国際文化デザイン大賞を受賞した。自伝『天の涯に生くるとも』がある。

東京大学教授・芳賀徹小堀桂一郎と親しく、死後その印税は東大比較文学会に寄贈され、これを基金として金素雲賞が設けられ、東アジア比較文学の業績に授与されており、第1回は上垣外憲一が受賞したが、以後はもっぱら韓国・中国からの留学生に与えられている。1979年に四方田犬彦が韓国に教えに行った際は、芳賀の紹介状を持っていった。

しかし、日帝支配を遺恨に思う韓国では評判が良くない。

毀誉褒貶あるが、岩波文庫の朝鮮ものが、朝鮮文化を広める役割を果し続けたことは否めない。

著書[編集]

  • 朝鮮民謡集 北原白秋閲 泰文館, 1929
  • 朝鮮童謡選 岩波文庫, 1933
  • 朝鮮民謡選 岩波文庫, 1933
  • 朝鮮口伝民謡集 第一書房, 1933
  • 乳色の雲 朝鮮詩集 河出書房, 1940
  • 恩田木工 鉄甚平 天佑書房, 1942
  • 三韓昔がたり 鐵甚平 學習社, 1942
  • 青い葉つぱ 鐵甚平 三學書房, 1942
  • 朝鮮詩集 前,中期 興風館, 1943
  • 朝鮮史譚 天佑書房, 1943
  • 馬耳東風帖 高麗書籍, 1952
  • ネギをうえた人 朝鮮民話選 岩波少年文庫, 1954
  • ろばの耳の王さま 韓国昔話 講談社, 1953:景文王の話
  • 朝鮮詩集 創元社, 1953
  • 朝鮮詩集 岩波文庫, 1954
  • 恩讐三十年 ダヴィッド社, 1954
  • 希望はまだ棄てられない 河出新書, 1955
  • 三誤堂雜筆 進文社, 1955
  • アジアの四等船室 大日本雄弁会講談社, 1956 (ミリオン・ブックス)
  • 端宗六臣 コリアン・ライブラリー, 1957
  • 民族の日蔭と日向 コリアン・ライブラリー, 1957
  • 精解韓日辞典 徽文出版社, 1968
  • 日本という名の汽車 冬樹社, 1974
  • 近く遥かな国から 新潮社, 1979
  • こころの壁 金素雲エッセイ選 サイマル出版会, 1981
  • 霧が晴れる日 金素雲エッセイ選2 サイマル出版会, 1981
  • 未堂・徐廷柱詩選-朝鮮タンポポの歌(訳)冬樹社, 1982
  • 天の涯に生くるとも 上垣外憲一・崔博光訳 新潮社, 1983/ 講談社学術文庫,1989
  • 三韓昔がたり 小堀桂一郎校訂 講談社学術文庫, 1985
  • 朝鮮史譚 小堀桂一郎校訂 講談社学術文庫, 1986

関連文献[編集]

  • 北原綴『詩人・その虚像と実像─父、金素雲の場合』創林社, 1986