金素月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 素月
Kim Sowol.jpg
各種表記
ハングル 김소월
漢字 金素月
発音: キム・ソウォル
日本語読み: きん そげつ
ローマ字 Kim So-wol
各種表記(本名)
ハングル 김정식
漢字 金廷湜
発音: キム・ジョンシク(チョンシク)
日本語読み: きん ていしょく
テンプレートを表示

金 素月日本語読み: きん そげつ、朝鮮語読み: キム・ソウォル、1902年陰暦8月6日 - 1934年12月24日[1])は、大韓帝国の詩人である。本名は金 廷湜(キム・ジョンシク)。素月は号。

1920年、忽然と文壇に現れ、流れるような朝鮮語でもって情と(ハン)を独特の律調で表現した。天才詩人と呼ばれたが、32歳で自らその命を絶った。朝鮮近代文学を代表する民族詩人と称され[2]、朝鮮で最も多く詩集が出版されている詩人といわれている[3]。彼の詩のうち4篇が『朝鮮詩集』[4]に収録されている。1990年9月に韓国の「この月の文化人物」に選ばれた。

略歴[編集]

1902年陰暦8月6日平安北道亀城郡旺仁洞で生まれた。父は金性燾。6歳下の妹・金仁姐がいる。100日後に平安北道定州郡郭山面南端洞の父の家に移った。裕福な家庭であったが、素月が2歳のとき、父が精神に異常をきたす[5]。そのことが、後の素月の人生に暗い影をさす。幼少の頃は祖父に漢文を習い、祖母に昔話を教わった。7歳で南山学校に入学した。友達もなく、いつも独りでいたという。

南山学校を卒業するとすぐに祖父の紹介で洪時玉家の娘、丹実と結婚した。学業を優先したい素月としては気の進まない結婚であった。

五山学校中学部で出会った教師、金億の影響で詩を書き始める。そして金億の口添えで文芸雑誌『創造』5号に「詩人の春」など5篇の詩を発表した[2]1922年培材学校の5学年に編入した素月は、『開闢』を通して早くも37篇の詩を発表している。1923年に培材学校を卒業後は本土に渡り、東京商科大学に入学するが[6]関東大震災により帰郷した。同年には「かつてはついぞ知りませんでした」(예전엔 미처 몰랐어요)、「行く道」(가는 길)など彼の代表作となる詩を発表している。1924年に金東仁らとともに「霊台」同人として活動[1]、「山有花」(산유화)などの詩を発表した。

1925年、生前唯一の詩集『つつじの花』(진달래꽃)を出版したときが彼の頂点であった。同年には詩論『詩魂』を発表している[1]。その後、詩作が活発でなくなっていく。1926年頃から東亜日報の支局を運営するようになるが、思うようにいかなかったようで、土地を売って運営資金を捻出したが行き詰まり、3年後に事業をやめた。経済難が素月を追い込み、酒に身を委ねるようになった。

1934年、9年ぶりに故郷に戻り、墓参りをした。そして市場で阿片を買い求めた。12月24日、阿片により服毒自殺を遂げた[1]。亀城郡西山面に埋葬されたという。1968年韓国日報社がソウルの南山に「素月詩碑」を建てた。

年譜[編集]

  • 1902年陰暦8月6日、平安北道亀城郡旺仁洞で生まれる。100日後、平安北道定州郡郭山面南端洞の父の家で育つ。
  • 1904年、父が精神に異常をきたす。
  • 1905年、祖父、金相疇から漢文を習い始める。
  • 1909年、南山学校に入学。
  • 1913年、腸チフスにかかる。
  • 1915年、南山学校を卒業。
  • 1915年、洪丹実と結婚。五山学校の中学部に入学。
  • 1918年、定州での珠算大会で優勝。
  • 1919年、五山学校中学部を卒業。
  • 1919年、長女、亀生が生まれる。
  • 1920年、『創造』で文壇に登場。
  • 1920年、次女、亀源が生まれる。
  • 1922年、培材高等普通学校に編入学。
  • 1923年、培材高等普通学校を卒業。
  • 1923年、東京商科大学(現一橋大学)に入学(不合格だったという説もある)
  • 1923年9月、関東大震災の影響で帰郷。
  • 1924年、故郷に戻る。その後、妻の実家である亀城郡西山面坪地洞に転居。
  • 1924年、金東仁金瓚泳林長和らと『霊台』の同人になる。
  • 1924年、長男、俊鎬が生まれる。
  • 1926年、亀城郡南市で東亜日報支局を経営。
  • 1926年、次男、殷鎬が生まれる。
  • 1932年、三男、正鎬が生まれる。
  • 1934年12月24日、服毒自殺を遂げる。

日本語で読める作品[編集]

  • 金素雲 訳編『朝鮮詩集』(岩波文庫)岩波書店、1954年 「うたごゑ」「ついぞ昔は」「わすれねばこそ」「のちの日」
  • 許南麒 編訳『現代朝鮮詩選』朝鮮文化社、1960年 「山に花咲く」「招魂」「願わくばわれわれに鋤おこす土地をあたえよ」「さわやかな朝」
  • 姜晶中 編訳『韓国現代詩集』土曜美術社、1987年 「つつじの花」
  • One Korea翻訳委員会 編訳『そばの花の咲く頃 日帝時代民族文学対訳選』新幹社、1995年 「山有花」「忘れられず」「つつじの花」「昔はついぞ知りませんでした」
  • 金時鐘訳『再訳朝鮮詩集』岩波書店、2007年
  • 林陽子訳『キム・ソウォル(金素月)詩集 つつじの花』書肆青樹社、2011年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『集英社 世界文学大事典 1』 集英社、1996年、798-799頁。 
  2. ^ a b 『韓国近現代文学事典』 明石書店、2012年、100-102頁。ISBN 9784750331683 
  3. ^ 『韓国朝鮮を知る事典 新版』 平凡社、2014年、98頁。ISBN 9784582126471 
  4. ^ 金素雲 『朝鮮詩集』 岩波書店、1976年。ISBN 4003207211 
  5. ^ 김소월(金素月) - 한국민족문화대백과사전”. 韓国民族文化大百科事典. 2020年9月13日閲覧。
  6. ^ 『韓国近現代文学事典』による。『世界人名大辞典』は「東京商科大学予科に入る」、『世界大百科事典』『集英社世界文学大事典』は「受験したが失敗」としている。

関連項目[編集]