金炯旭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1968年8月27日、統一革命党事件について発表する金炯旭

金炯旭(キム・ヒョンウク、朝鮮語: 김형욱1925年1月16日 - 1979年10月7日?)は、大韓民国軍人政治家第三共和国時代、朴正煕の側近として中央情報部(KCIA)部長を長く務めたが、亡命先で朴正煕政権の不正を暴露し、後にフランスパリで失踪した。中央情報部によって拉致・殺害されたものとほぼ確実視されている。

生涯[編集]

黄海道信川に生まれる[1]1949年陸軍士官学校第8期卒業[1]。朝鮮戦争中、首都師団中隊長。1961年5月16日金鍾泌ら陸士8期生とともに核心メンバーとして5・16軍事クーデターに参与し、同年5月27日国家再建最高会議最高委員に就任[2]。内務分科委員長、運営企画委員長を務めた[1]1963年7月、第4代中央情報部長となり、同年10月、陸軍准将の階級で予備役編入[1]

真相究明[編集]

2005年2月3日、中央情報部の後継機関である国家情報院の「過去事件真実究明を通じた発展委員会」(過去事件真実委)は、東ベルリン事件民青学連事件および人民革命党事件金大中拉致事件大韓航空機爆破事件正修奨学会朝鮮語版問題、中部地域党事件朝鮮語版とともに、金炯旭失踪事件を優先調査対象に選定した[3]。同年5月25日、過去事件真実委は金炯旭失踪事件に関する中間報告を発表し、金炯旭は中央情報部の要員によって拉致・殺害されたと認定した。それによれば、事件は金載圭中央情報部長の指示により李相悦朝鮮語版フランス駐在公使が計画、フランス研修中の中央情報部要員シン某(本名ピョン某)とイ某(本名キム某)に実行させたもので、彼らは東ヨーロッパ出身者2名を雇い金炯旭を拉致・殺害、遺体は付近の山野に遺棄したという[4]

一方で、中央情報部関係者を中心として、事件への大統領警護室の関与を主張する声もあった。金炯旭の回顧録を出版した元民主党国会議員金景梓朝鮮語版によれば、事件当時民主化運動の活動家だった宋振燮朝鮮語版安山市長が西大門刑務所に収監されていた際、朴正煕暗殺事件に関与して隣房に収監されていた朴善浩朝鮮語版元中央情報部儀典課長から「金炯旭は警護室によって拉致され、青瓦台の地下室で車智澈警護室長手ずから射殺された」という話を聞いたという。金景梓自身は、ソウルまで移送するのは困難だとしてパリでの殺害に傾いている[5]。事件当時中央情報部の総務局長だった李鍾賛元国家情報院長は朴鐘圭朝鮮語版元警護室長の関与を示唆し、海外担当次長だった尹鎰均朝鮮語版も中央情報部の関与を否定した[6]

著書[編集]

  • “권력과음모” 1979年4月
    • 和訳『権力と陰謀 元KCIA部長金炯旭の手記』合同出版 1980年

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • 金炯旭 (1980), 権力と陰謀 : 元KCIA部長金炯旭の手記, 合同出版, NCID BN01123690 
  • 황병주 (2013), “김형욱(金炯旭)”, 韓国民族文化大百科事典, 韓国学中央研究院, http://encykorea.aks.ac.kr/Contents/Item/E0073399 
  • 김형욱(金炯旭)”. 大韓民国憲政会. 2018年10月6日閲覧。
公職
先代:
金在春
大韓民国の旗 大韓民国中央情報部部長
1963年7月12日 - 1969年10月20日
次代:
金桂元