金漢率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キム・ハンソル
金漢率
김한솔
生誕 (1995-06-16) 1995年6月16日(22歳)
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮平壌
金正男(父)
李恵慶(母)
親戚 金日成(曾祖父)
金正日(祖父)
金正恩(叔父)
など(#家系図も参照)
家族 金ジミー(弟)
金率熙(妹)
金クムソル(異母兄弟)金率姫(妹)[1]
金漢率
各種表記
ハングル 김한솔
漢字 金漢率
発音: キマンソル
日本語読み: : きん かんそつ[2]
ローマ字 Gim Hansol(2000年式
Kim Hansol(MR式
英語表記: Kim Han-sol
テンプレートを表示

金 漢率[3][4](キム・ハンソル、김한솔1995年6月16日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国金正男長男である。祖父は朝鮮労働党総書記金正日、曾祖父は同国国家主席金日成、叔父は同国国務委員長及び朝鮮労働党委員長である金正恩全州金氏の出身。漢字表記は金韓松[5]または金漢秀ともされた。

略歴[編集]

金正男と、2番目の妻である李恵慶(リ・ヘギョン、: 리혜경)との間の子として平壌で生まれた[6][7]。金率熙(キム・ソルヒ、김솔희)という妹がいる[8]

2011年10月ボスニア・ヘルツェゴビナインターナショナルスクールユナイテッド・ワールド・カレッジ モスタル校英語版に入学した[9]。当初、中華人民共和国香港特別行政区にある李寶椿ユナイテッド・ワールド・カレッジ英語版に登録する予定だったが、香港当局にビザの発給を拒否されてヨーロッパの学校を通うこととし、ボスニア行きを決定したとされる。 2013年5月30日に卒業し、その年の8月パリ政治学院に進学[10]、2016年に卒業した。

初めて応じたメディア取材は、2012年10月16日フィンランド国営放送が行った、国連事務次長やボスニア・ヘルツェゴビナの人権特別特使として活動していたフィンランド出身の政治家エリサベト・レーンによる朝鮮統一問題についてのテレビインタビューである[11]。北朝鮮の福祉の向上に寄与したいという思いと、人権改善のために努力し、世界の平和を構築したいという抱負を明らかにした[12]

2016年9月にオックスフォード大学大学院への進学を予定していたが、自身も暗殺される恐れがあることから留学を断念したことが、2017年2月13日に父・正男がクアラルンプール国際空港で暗殺された後に報じられた[13]

同年3月8日、千里馬民間防衛英語版(チョルリマみんかんぼうえい、朝: 철리마 민방위/千里馬民防衛〈チョルリマ・ミンバンウィ〉、: Cheollima Civil Defense)と称するウェブサイトに、漢率を名乗る男のメッセージビデオが掲載された[14]。動画は "My name is Kim Han-sol, from North Korea, part of the Kim family,"(私の名前は金漢率です。北朝鮮出身で、金家の1人です)で始まり、父が数日前に殺害されたことや、男が母と妹と一緒にいることなどが、英語で語られている[15]。韓国統一省国家情報院の関係者は、男が正男の長男だと述べた[16][17]。また、千里馬民間防衛は、オランダ、中華人民共和国、アメリカと匿名希望の政府を合わせた4つの政府の協力の下、正男の事件後に、漢率を安全な場所へ移動させたと説明している。特にオランダについては、ロディ・エンブレフツ大使を名指しの上で感謝を表明している[18]

一部の韓国メディアは、この「匿名希望の政府」は、中華人民共和国と対立関係にある中華民国台湾)を指すとし、2月15日に「漢率が台湾へ渡った」と報じた[19]。一方、TBSテレビNスタ』では、空調機器のモーター音から、動画の収録が行われたのは50ヘルツの交流電源が使用されている地域であるという分析結果が紹介された。これが正しければ、台湾を含む60ヘルツの地域は、撮影地の候補から外れることになる[20]。また、台湾内政部移民署中国語版英語版署長の何栄村は、9日、漢率の入国を否定した[21]

2017年10月に、中華人民共和国国家安全部によって、漢率の暗殺任務を担う北朝鮮工作員が中華人民共和国内で逮捕されたと韓国メディアで報じられた[22]

家系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “姿現した正男氏息子のハンソル氏とは? 新世代の留学組”. 聯合ニュース. (2017年3月8日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/03/08/0300000000AJP20170308003600882.HTML 2017年3月11日閲覧。 
  2. ^ 「率」は日本語では「りつ」または「そつ」と読む。しかし、朝鮮語の読み方「」(ソル)に対応させて、ここでは「そつ」と読むのが相当である。中国語でも「shuai」と読む。なお、「率」を「りつ」と読む時、朝鮮語では「」(リュル)と読む。
  3. ^ “金正恩侄子將入讀巴黎政治學院”. 亞太日報. (2013年8月28日). オリジナル2013年12月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131224082041/http://www.apdnews.com/news/33092.html 2016年11月10日閲覧。 
  4. ^ “金正日的长孙微博引起韩国各界关注”. 自由亚洲电台(RFA)普通话. (2011年10月3日). http://www.rfa.org/mandarin/guojishijiao/j-10032011110130.html 2016年11月10日閲覧。 
  5. ^ 朝鮮語の솔には「松」という意味がある。
  6. ^ “【金正男氏殺害事件】中韓が“悲劇のプリンス”争奪戦”. エキサイトニュース. (2017年2月23日). http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20170223/TokyoSports_654865.html 2017年3月9日閲覧。 
  7. ^ “金正男 元女優にCAも…“妻は4人”の知られざる逃亡生活”. エキサイトニュース. (2017年2月23日). http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20170223/Jisin_27824.html 2017年3月9日閲覧。 
  8. ^ “金正男有三個女人 年生活費逾五十萬美元(圖)”. 中國評論新聞. (2010年6月7日). http://www.chinareviewnews.com/doc/1013/4/6/1/101346186.html?coluid=0&kindid=0&docid=101346186 2017年3月9日閲覧。 
  9. ^ “Hong Kong snubs North Korea leader's 'lovely' grandson”. The Telegraph. (2011年10月6日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/northkorea/8810906/Hong-Kong-snubs-North-Korea-leader-Kim-Jong-Ils-lovely-grandson.html 2016年11月10日閲覧。 
  10. ^ “북 김정남 아들 한솔파리정치대학 입학”. ハンギョレ新聞. (2013年8月26日). http://www.hani.co.kr/arti/international/europe/601028.html 
  11. ^ “故金正日氏の孫、叔父・正恩氏や父・正男氏について語る インタビュー”. AFPBB News. (2012年10月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/2908158 2017年2月15日閲覧。 
  12. ^ “김정일 손자 김한솔 TV 인터뷰 "인도주의활동하고 싶다"”. 朝鮮日報. (2012年10月18日). http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/10/18/2012101801955.html 2016年11月10日閲覧。 
  13. ^ “北の暗殺を警戒 正男氏の息子が留学断念”. テレビ東京. (2017年2月20日). http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_126912 2017年3月9日閲覧。 
  14. ^ “正男氏息子がユーチューブに動画 「父が殺害された」”. 朝鮮日報. (2017年3月8日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/08/2017030801691.html 2017年3月9日閲覧。 
  15. ^ KHS Video - YouTube
  16. ^ “金正男氏の長男か 「父は殺された」ネットに動画投稿”. BBCニュース. (2017年3月8日). http://www.bbc.com/japanese/39202512 2017年3月9日閲覧。 
  17. ^ Kim Jong-nam death: Mystery video of son emerges (英語). BBCニュース. (2017年3月8日). http://www.bbc.com/news/world-asia-39202424 2017年3月9日閲覧。 
  18. ^ 金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオランダが関与か (ページ4/4) | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
  19. ^ “金正男氏息子の所在、依然確認されず”. TBS News i. (2017年3月9日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3000854.html 2017年3月9日閲覧。 
  20. ^ “キム・ハンソル氏支援「千里馬民間防衛」の謎 公式サイト、ドメイン登録地はパナマ”. J-Castニュース. (2017年3月9日). http://www.j-cast.com/2017/03/09292747.html?p=2 2017年3月9日閲覧。 
  21. ^ 田中靖人 (2017年3月10日). “台湾当局、息子ハンソル氏の滞在を否定”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/world/news/170310/wor1703100015-n1.html 2017年3月11日閲覧。 
  22. ^ “「金正男氏息子を狙った北偵察総局暗殺組…中国党大会期間中に北京で2人逮捕」”. 中央日報. (2017年10月31日). http://japanese.joins.com/article/946/234946.html 2017年11月13日閲覧。 

外部リンク[編集]