金正恩 (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 正恩
生誕 日本の旗 日本
居住 大韓民国の旗 韓国
国籍 日本の旗 日本[1]
研究分野 化学
研究機関 ギリアド・サイエンシズ、カイノス・メディスン(Kainos Medicine)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

金 正恩[2](キム・ジョンウン、朝鮮語: 김정은1943年 - )は、アメリカ合衆国および韓国で活動している日本人化学者[1]

1943年に日本で生まれる。1965年東京大学薬学部を卒業し、1967年同大学院薬学系研究科修士号を取得する。

1970年に渡米しオレゴン州立大学博士号を取得。1973年からブリストル・マイヤーズ スクイブ社で研究に従事する。1994年からギリアド・サイエンシズ社でタミフルの研究を主導し、開発に成功する。同社で化学担当副社長も務めた[1][3]

その後、韓国のカイノス・メディスン社の首席副社長として研究開発統括を担っている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c キム・ジヒョン(記者) `타미플루` 개발 주역 김정은 박사, 국내 벤처에 둥지 MKニュース(毎日経済)2014年12月13日確認。
  2. ^ チョ・ホジン(記者)타미플루 개발 김정은 박사 Chosun Biz (朝鮮日報系), 2015年1月10日確認。
  3. ^ キム・ジュンホ(記者)타미플루 개발 김정은 박사 "한국 신약기술 우수" 聯合ニュース、2014年12月13日確認。
  4. ^ Kainos Medicine「キム・ジョンウン、首席副社長、研究開発統括」(企業情報 - 主要経営陣)2015年1月10日確認。