金楽寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金楽寺駅
駅全景(1981年4月27日?)
駅全景(1981年4月27日?)
きんらくじ
Kinrakuji
(1.6km) 尼崎港
所在地 兵庫県尼崎市金楽寺町
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 福知山線(尼崎港線)
キロ程 3.0km(塚口起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1912年(明治45年)4月16日
廃止年月日 1981年(昭和56年)4月1日
備考 旅客営業廃止に伴う廃駅。
テンプレートを表示
金楽寺駅跡(2002年3月)

金楽寺駅(きんらくじえき)は、かつて兵庫県尼崎市金楽寺町の、日本国有鉄道福知山線の支線に設置されていた廃駅)である。

この支線は、1970年代後半には旅客列車が1日2往復のみで、利用客は皆無に近かった。駅自体もプラットホームが1本と、壊れかけた待合室があるだけだった。

歴史[編集]

1912年(明治45年)4月16日[1]に、すでに開通していた福知山線の路線上に当駅が新しく設置され、1981年(昭和56年)4月1日の支線における旅客営業廃止とともに廃駅となった。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
福知山線(支線)
尼崎臨時乗降場 - 金楽寺駅 - 尼崎港駅

現在の状況[編集]

部分的に天神橋緑地として整備されている。跡は住宅が建っている。

脚注[編集]

  1. ^ 『鉄道法規類抄追録 : [明治44年11月1日-45年4月20日』](国立国会図書館デジタルコレクション)