金朝の君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金朝の君主一覧では、の皇帝を、追尊も含めて一覧に挙げる。

皇帝[編集]

代数 廟号 諡号 姓名 年号 在位期間 陵墓
女真名 漢名
1 太祖 応乾興運昭徳定功仁明庄孝大聖武元皇帝 完顔阿骨打 王旻 収国
天輔
1115年 - 1123年 睿陵
2 太宗 体元応運世徳昭功哲恵仁聖文烈皇帝 完顔呉乞買 王晟 天会 1123年 - 1135年 恭陵
3 閔宗[1]
熙宗[1]
武霊皇帝[1]
弘基武荘靖孝成皇帝孝成皇帝[1]
完顔合剌 王亶 天会
天眷
皇統
1135年1150年1月9日陰暦1149年 思陵
4 (海陵王[2] 完顔迪古乃[3] 王亮 天徳
貞元
正隆
1150年1月9日陰暦1149年) - 1161年  
5 世宗 光天興運文徳武功聖明仁孝皇帝 完顔烏禄 王雍 大定 1161年 - 1189年 興陵
6 章宗 憲天光運仁文義武神聖英孝皇帝 完顔麻達葛 王璟 明昌
承安
泰和
1189年 - 1208年 道陵
7 (衛紹王[4] 紹王 完顔果縄 王永済 大安
崇慶
至寧
1208年 - 1213年  
8 宣宗 継天興統述道勤仁英武聖孝皇帝 完顔吾睹補 王従嘉 貞祐
興定
元光
1213年 - 1224年陰暦1223年12月 徳陵
9 哀宗
義宗[5]
順靖皇帝
哀宗[6]
荘皇帝[7]
閔皇帝[8]
完顔寧甲速 王守緒 正大
開興
天興
1224年陰暦1223年12月) - 1234年2月9日  
10 (末帝)   完顔呼敦 王承麟 天興 1234年2月9日  

追尊皇帝[編集]

廟号 諡号 姓名 陵墓 備考
女真名 漢名
始祖[9] 懿憲景元皇帝[9] 完顔函普   光陵  
  淵穆玄徳皇帝[9] 完顔烏魯   熙陵  
  和靖慶安皇帝[9] 完顔跋海   建陵  
献祖[9] 純烈定昭皇帝[9] 完顔綏可   輝陵 太祖の高祖父。
昭祖[9] 武恵成襄皇帝[9] 完顔石魯   安陵 太祖の曽祖父。
景祖[9] 英烈恵桓皇帝[9] 完顔烏古迺   定陵 太祖の祖父。
世祖[9] 神武聖粛皇帝[9]
元祖大聖皇帝[10]
完顔劾里鉢   永陵 太祖の父。
粛宗[9] 明睿穆憲皇帝[9] 完顔頗刺淑   泰陵 太祖の叔父。
穆宗[9] 章順孝平皇帝[9] 完顔盈歌   献陵 太祖の叔父。
康宗[9] 献敏恭簡皇帝[9] 完顔烏雅束   喬陵 太祖の兄。
徽宗[9] 景宣皇帝[9] 完顔縄果 王宗峻   熙宗の父。
徳宗[11] 憲古弘道文昭武烈章孝睿明皇帝[11] 完顔斡本 王宗幹   海陵王の父[12]
睿宗[1] 立徳隰仁廬茎広伝文武簡粛皇帝[1] 完顔訛里 王宗尭 景陵 世宗の父。
顕宗[13] 体道弘仁英文睿徳光孝皇帝[13] 完顔胡土瓦 王允恭 裕陵 章宗の父。

地方政権[編集]

大渤海[編集]

代数 姓名 年号 在位期間
1 高永昌 隆基 1116年

[編集]

代数 姓名 年号 在位期間
1 蕭干
(回離保)
天嗣
(天復)
1123年

遼西[編集]

代数 称号 姓名 年号 在位期間
1 遼西王 張鯨 大漢 1214年 - 1215年
1 漢興皇帝 張致 興竜 1215年 - 1216年

紅襖軍[編集]

代数 姓名 年号 在位期間
1 楊安児 天順 1214年
2 李全   1218年 - 1226年

[編集]

代数 姓名 年号 在位期間
1 順天 1216年

大真国[編集]

代数 姓名 年号 在位期間
1 蒲鮮万奴 天泰
大同
1215年 - 1234年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 世宗による追尊。
  2. ^ 即位前の王号。
  3. ^ 世宗により海陵郡王に降格された後、王号も剥奪され、庶人に落とされた。
  4. ^ 宣宗により即位前の衛王に戻された。
  5. ^ 大金国志』。
  6. ^ 金史』哀宗本紀。
  7. ^ 大金国志』巻二十六。
  8. ^ 大金国志』巻二。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 熙宗による追尊。
  10. ^ 海陵王によって改称されたものの、世宗によって旧号に復された。(『金史』本紀第一第二・列伝第三)
  11. ^ a b 海陵王による追尊。
  12. ^ 世宗によって廟号・諡号ともに剥奪され、皇伯・太師・梁宋王に降格された。
  13. ^ a b 章宗による追尊。