金智泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金智泰
各種表記
ハングル 김지태
漢字 金智泰
発音: キム・ジテ
ローマ字 Gim Ji-tae(2000年式
Kim Chi-t'ae(MR式
テンプレートを表示

金智泰(キム・ジテ、朝鮮語: 김지태1908年7月 - 1982年4月9日)は、大韓民国資本家政治家、言論人。

略歴[編集]

1927年、釜山公立商業学校(後の開成高等学校개성고등학교)を卒業し、同年、東洋拓殖株式会社釜山支店に入社した。 1932年肺結核で東洋拓殖を退社した。

朝鮮繊維韓国製糸株式会社社長、釜山商工会議所初代会長、釜山日報社長、慶南陸上競技連盟会長などを務めた。 1950年には無所属で韓国国会第2代民議院민의원)議員となり、1954年には自由党所属で第3代民議院議員となった。

資本家としての第一歩は、東洋拓殖の釜山支店長から得た人間的信頼により東京の本社に払い下げを認められた蔚山の2万坪の土地であった。 まず織物工場の事業を起こしたが、これは失敗した。

その後、紙器製造業に進出。日中戦争の勃発で事業は成功し、紙器製造、紙類貿易、不動産業などにより莫大な富を積んだ。解放後は、朝鮮絹織(前・旭絹織)、三和(サムファ)ゴム、製糸業などを主軸として、全国的な資本家に成長した。

1949年釜山日報を買収した。 1959年には釜山文化放送1961年には韓国文化放送(後の文化放送) を開局し、また1958年には釜日奨学会 (부일장학) を設立した。

1956年12月、第2次憲法改正(いわゆる四捨五入改憲)に反対し、反党行為として自由党を除名された。1957年5月に復党したものの、1958年5月の第4代民議院選挙では落選し、政界から引退した。

1961年5・16軍事クーデター後に不正蓄財疑惑で拘束され、1961年12月30日に不正蓄財還収金として5億4570万ファンを支払った。

その後、1962年5月に再び国内財産逃避防止法、関税法および刑法、農地改革法違反の疑惑で、軍検察から懲役7年を求刑されたが、拘束状態にあった同年6月20日に、釜山日報、文化放送、釜山文化放送、釜日奨学会が所有する釜山市内の土地10万147坪を、5・16奨学会に無償寄贈するという寄付承諾書に署名捺印し、直後の6月22日に公訴取り消しで釈放された。5・16奨学会は、後に正修奨学会 (정수장학회) へ移行した[1][2]

親日派[編集]

金智泰の財産蓄積過程は次のようなものであった。 金智泰は、日本統治時代の朝鮮において最も悪辣な農民収奪機関のひとつであった東洋拓殖の釜山支店に入社し、4年間勤務した。 この間、金智泰は、東洋拓殖で熱心に仕事をして過労となり、肺結核にかかって5年足らずで辞職することになったが、10年分割償還という条件で同社の蔚山(ウルサン)農場の土地2万坪の払い下げを受けた。 この土地で収穫した稲は、分割償還金を返しても毎年100石以上が残り、さらに、その土地を担保として資金を調達することも可能であった。1935年、金智泰は釜山の凡一洞(ポミルトン)に、製紙会社の朝鮮紙器株式会社を設立した。 この会社は日本の大陸侵略戦争にともなう軍需物資市場の拡張に乗じて急速に業績を伸ばした。 金智泰はこうして集めた資金で、1943年に日本人が経営していた朝鮮鋳鉄工業合資会社を買収し、1949年には「敵産企業」だった旭絹織(朝鮮絹織株式会社の前身)の管理人を引き受けることになった。 1954年には履き物製造工場としては当時韓国最大規模であった三和(サムファ)ゴムを買収し、全国10大財閥の隊列に加わった。 企業経営を続けながら、金智泰は釜山日報釜山文化放送を買収し、第2代および第3代国会議員(釜山甲選挙区選出)を務めた。1958年、金智泰は、後の正修奨学会の前身である釜日奨学会を設立した。金智泰は、1962年5月に軍事政府によって不正蓄財者に指定され、拘束された。 疑惑の内容は、密輸入、国内財産海外逃避、農地証明書虚偽作成などだった。 当時、検察部が懲役7年を求刑したが、釜日奨学会の基盤だった釜山の西面(ソミョン)一帯の土地10万坪の献納と引き換えに、公訴が取り下げられ、解放された[3]

参考文献[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 좌파들은 정수장학회에 대한 정치공세를 중단하라. 뉴스타운. 2012.10.16 .
  2. ^ 노무현 “삼성 8000억 강탈은 뭔데”. 프런티어타임스. 2012.07.23.
  3. ^ 이명건. 정수장학회 전신 부일장학회 설립자 故 김지태씨. 동아일보. 2004년 8월 3일.