金春信高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金春 信高(こんぱる のぶたか、1920年(大正9年)4月12日 - 2010年(平成22年)8月7日)は、シテ方金春流能楽師。七十九世金春流宗家

七十八世金春八条(光太郎)の長男として奈良に生まれる。関西大学卒業。1956年東京に拠点を移す。2010年パーキンソン症候群のため死去[1]

長男が金春安明。弟に金春欣三

作品[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金春信高氏が死去 能楽シテ方金春流第79世宗家 産経新聞(2010年8月8日)

関連項目[編集]