金易二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 金 易二郎 名誉九段
名前 金 易二郎
生年月日 (1890-10-10) 1890年10月10日
没年月日 (1980-06-23) 1980年6月23日(89歳没)
プロ入り年月日 1912年1月1日(21歳)(四段)
棋士番号 1
出身地 秋田県雄勝郡羽後町
師匠 井上義雄八段、関根金次郎十三世名人
段位 名誉九段
戦績
2017年8月21日現在

金 易二郎(こん やすじろう、1890年10月10日 - 1980年6月23日)は、大正時代から昭和時代初期に活動した将棋棋士名誉九段棋士番号1。秋田県雄勝郡羽後町出身。従五位勲四等瑞宝章。旧名金易雄

金(こん)など、「こん」または「こんの」と読む苗字は、東北地方に多い。

経歴[編集]

明治23年(1890年)秋田県雄勝郡羽後町西馬音内にある蕎麦店「弥助そばや」の三代目店主金易吉の次男として生まれる[1]

明治41年(1908年)、井上義雄(八段)と駒落ちで対局した際に「五六段ならばすぐになれる」と実力を認められ、棋士にならないかと誘われて入門。井上の名前から「雄」の一文字を貰い金易雄と改名する。

当時は将棋家元制が崩壊してから将棋大成会(日本将棋連盟)が発足するまでの移行期、すなわち将棋界が分裂していた時期に当たり、師匠の井上は当初関根金次郎(後の十三世名人)と共に将棋同盟社を結成していたものの、1910年にこれを脱退して新たに将棋同志会を結成した。

しかし、勢力としては関根派の将棋同盟社が大きくまさっており、移籍して関根派の強豪との実戦で腕を上げたいと考えた金は関根に弟子にして欲しいと願い出る。しかし、関根からは井上に対する不義理を咎められて叱られ、一時田舎へ帰った[2]

その後、諦めきれずに強引に関根に頼み込み、これが認められて関根門下に移籍して将棋界に復帰。

明治45年(1912年)に四段となる。

大正6年(1917年)の時点では既に六段になっており、同年のうちに七段に昇段をし、八段の昇段を関根に抑えられていた兄弟子の土居市太郎と段位が並ぶことになった。まもなく八段昇段などをめぐって土居と対立した関根は将棋同盟社を出て東京将棋倶楽部を結成することになる。この時に金は誘いを断って関根に従い、東京将棋倶楽部の設立に尽力したという。

大正8年(1919年)3月1日、新たに関根門下になった木村義雄二段と飛車落ちで対戦している記録がある(木村勝ち)。

大正9年(1920年)、四段に昇段した木村と左香落ちで対戦した記録がある(木村勝ち)。

のちに木村は自伝で、金と花田長太郎が最初の目標であったと語っている。

大正13年(1924年)、棋界統一に功績があり、大崎熊雄木見金治郎と共に八段に昇進する。昭和3年(1927年)の日本将棋連盟の結成に参加。昭和9年(1934年)から日本将棋連盟会長。

昭和10年(1935年)から開始された実力制名人戦に参加する。神田事件による棋界の再分裂が収束すると、新たに発足した将棋大成会の会長を昭和11年(1936年)まで務める。実力制の名人戦実施に尽力する一方、昭和12年(1937年)には阪田三吉(坂田三吉)からの要望を容れて、木村・花田との対戦を実現させた。

戦中戦後の混乱期も将棋大成会のために奔走する。順位戦に1期だけ参加したが、昭和22年(1947年)に引退

昭和29年(1954年)、名誉九段を贈呈される。

昭和45年(1970年)秋、勲四等瑞宝章を授与される。将棋界での瑞宝章受章は三年前の土居に次いで二人目であった。祝賀会は寛永寺のお堂でファンを招いて将棋会を催したという。

弟子に山本武雄高柳敏夫がいる。高柳は金の娘婿でもある[3]。高柳門下からは十六世名人の中原誠が出ている[3]

人物・逸話[編集]

関東の棋士とあまり交友がなかった阪田が唯一心を許した人物だと言われている。また弟弟子の木村を高く評価し、木村をさん付け呼ぶほどであったという。一方で、一時期袂を分かったこともあって兄弟子の土居とはあまりソリが合わなかったともいわれ、対局ではお互いに闘志をむき出しにして争ったという。

長考派の受け将棋で、同じ棋風の西の重鎮木見金治郎と並び称されたこともある。兄弟子の土居は早見えの天才肌の将棋であり、この点でも対照的であった。持ち時間制が導入された直後の対局で中盤で時間切れになってしまった逸話も伝わる。

「泣き銀の一局」の証言[編集]

阪田三吉が「銀が泣いている」とつぶやいて有名になった一局について、大正2年(1913年)の関根戦とする説と、大正4年(1914年)の井上戦であるとする説があるが、後者の説は金が観戦記者の桑島鈍聴子から聞いて、弟子の山本に手紙で伝えた話が根拠となっている。

棋士番号1[編集]

棋士番号制度が始まった昭和52年(1977年)4月1日時点で存命していた将棋棋士(引退棋士も含む)の中で、金が最もプロ入りが早かったことから、棋士番号1が付与されている。

家族[編集]

娘八重子は高柳敏夫に嫁ぎ、内弟子時代の中原誠を育てる。

参考文献[編集]

  • 木村義雄『勝負の世界 将棋随想』(恒文社、1995年(六興出版社から1951年に出版された同名の書の復刊))
  • 五十嵐豊一『日本将棋大系 第13巻 関根金次郎・土居市太郎』(筑摩書房、1980年)
    • 山本亨介「人とその時代十三(関根金次郎・土居市太郎)」(同書251頁所収)
  • 加藤一二三『日本将棋大系 第14巻 坂田三吉・神田辰之助』(筑摩書房、1979年)
    • 山本亨介「人とその時代十四(坂田三吉・神田辰之助)」(同書245頁所収)
  • 大山康晴『日本将棋大系 第15巻 木村義雄』(筑摩書房、1980年)
    • 山本亨介「人とその時代十五(木村義雄)」(同書243頁所収)
  • 天狗太郎(山本亨介)『勝負師の門 新・名棋士名勝負』(光風社書店、1973年)
  • 天狗太郎(山本亨介)『将棋金言集』(時事通信社、1992年)
  • NHK取材班編『ライバル日本史1 宿敵』(角川文庫、1996年)271頁
  • 東公平『近代将棋のあけぼの』(河出書房新社、1998年)
  • 棋士系統図(日本将棋連盟『将棋ガイドブック』96-99頁

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 弥助そばや 将棋の間”. 2018年8月10日閲覧。
  2. ^ 金易二郎『金易二郎実戦集』(誠文堂、1931年)
  3. ^ a b 『勝負師の門』、9頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]