金昊淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金 昊淵(キム・ホヨン、1955年4月29日 - )は、韓国実業家政治家ピングレ代表取締役会長、大韓民国国会議員、大韓民国空軍歴史財団理事長等を歴任。

人物[編集]

大韓民国忠清南道天安市出身。父はハンファグループ創立者の金鍾喜。ハンファグループ会長の金升淵は兄。妻は元大韓民国臨時政府主席金九の孫。京畿高等学校を経て、1978年西江大学校卒業、大韓民国空軍中尉。1985年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。1986年ピングレ常務取締役、漢陽流通代表取締役社長。1992年ピングレ代表取締役会長。1994年延世大学校行政大学院修士課程修了。2000年韓国科学技術院修士課程修了、光復会諮問委員。2004年フランス共和国国家功労勲章受章。2005年モンゴル国北極星勲章受章。2006年西江大学校経営学博士モンゴル国立農業大学名誉農業経済学博士。2010年湖西大学校名誉社会福祉学博士。同年大韓民国国会議員。兄弟で財産分与をめぐり31回に渡る裁判で争い、ビングレをハンファグループから離脱させるなどした[1]

脚注[編集]