金得九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金 得九
基本情報
階級 ライト級
国籍 大韓民国の旗 韓国
誕生日 1955年1月8日
出身地 江原道
死没日 (1982-11-18) 1982年11月18日(27歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗ネバダ州ラスベガス
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 17
KO勝ち 8
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

金 得九キム・ドゥック朝鮮語: 김득구英語: Deuk-Koo Kim1955年1月8日1982年11月18日)は、韓国江原道出身のプロボクサーで、第24代OPBF東洋太平洋ライト級王者。世界タイトル挑戦後、リング禍で死去した。生涯戦績は20戦17勝(8KO)2敗1分。

キャリア[編集]

1978年12月7日、プロデビュー。

1980年12月6日、10戦目で韓国ライト級王座獲得。

1982年2月28日、15戦目で東洋太平洋ライト級王座獲得。その後、3度の防衛に成功(防衛中の間、ノンタイトル戦を1試合行い、勝利)。

1982年11月13日、20戦目で世界初挑戦。米国ネバダ州ラスベガスWBA世界ライト級王者レイ・マンシーニ(米国)に挑むも、14回19秒KO負け。試合後、リング上で意識を失い、そのまま試合会場近くの病院へ搬送されたが、試合から4日後の11月18日に死去した[1]。27歳没。

死後[編集]

金得九の死から3ヵ月後に金の実母が自殺し、翌年の7月にはマンシーニ戦でレフェリーを務めたリチャード・グリーネ英語版も自殺してしまう[2]

このことはマスコミによって大きく取り上げられ、また金の死がきっかけとなり、これまで15ラウンド制で行われていたボクシングの世界タイトル戦は12ラウンド制に短縮された(はじめはWBC、その後WBAIBFでも相次いで短縮された)。

2013年には金の生涯を題材にした映画『The Fight That Changed Boxing Forever』が公開された[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]