金岡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金岡神社
Kanaokajinjya haiden.jpg
所在地 大阪府堺市北区金岡町2866
位置 北緯34度33分34.2秒
東経135度31分13.4秒
座標: 北緯34度33分34.2秒 東経135度31分13.4秒
主祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命素盞嗚尊大山昨命巨勢金岡
創建 伝 仁和年間(885年-889年)
例祭 10月10日に大祭
主な神事 5月3日に画神祭
テンプレートを表示

金岡神社(かなおかじんじゃ)とは大阪府堺市北区金岡町2866にある神社。主祭神は底筒男命、中筒男命、表筒男命素盞嗚尊大山昨命巨勢金岡

仁和年間(885年 - 889年)に底筒男命、中筒男命、表筒男命を祀ったことにより創建されたと伝えられている。ここには頭正院という神宮寺があったが神仏分離令により廃寺となっている。その後、近隣の神社が合祀され現在に至る。5月3日に画神祭、10月10日に大祭がある。

竹内街道沿いにある。また難波大道の南端に存在しているという説もあるが、この近辺では発掘調査などは実施されておらず定かではない。

神社の東北東200mの場所には巨勢金岡が筆を洗ったとされる「金岡淵」がある(現在は埋め立てられて広場となっている)。

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]

金岡神社(堺観光ガイド)