金山晃士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金山 晃士
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 1960年12月15日
身長
体重
183 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手捕手外野手投手
プロ入り 1978年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金山 晃士(かなやま こうじ、1960年12月15日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

柳川商業高等学校では、1年下の加茂浩将(明大)と投の二本柱を組み1978年春の選抜に進出。1回戦で川又米利を打線の中軸とする早実高と対戦。先発を加茂に任せ一塁手として出場するが1-3で敗退[1]。同年夏の甲子園県予選でも決勝に進むが東筑高に惜敗した。捕手も兼ね、高校通算15本塁打を放つ。

1978年度新人選手選択会議にて近鉄バファローズからドラフト3位で内野手として指名され、入団。1979年は捕手登録、1980年は外野手登録、1981年は投手登録と毎年ポジションが変わったが、一軍公式戦の出場はないまま1981年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 51 (1979年 - 1981年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]