金属主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金属主義(きんぞくしゅぎ、Metallism)とは、貨幣価値英語版が貨幣の基くコモディティ英語版購買力から派生するものであるとする経済学上の原理である。金属主義的貨幣制度における通貨は、ベースとなるコモディティそのもので作られる(実物貨幣)か、コモディティに償還可能な国立銀行券などの代表貨幣英語版兌換紙幣)が使用される。ゲオルク・フリードリヒ・クナップ英語版により、銀貨金貨など金属製の硬貨を用いる貨幣制度を説明する用語として造語された[1]

金属主義経済論では、通貨の価値は金融上の役割とは無関係に、その基くコモディティの市場価値により決定される。カール・メンガーは、貨幣は物々交換のコストを低減するために、市場において売り手と買い手が共通のコモディティを交換媒体として使用することに同意したときに貨幣が生じると理論化した。コモディティの本来価値は、販売が容易で、支払いとして受け容れられやすくなるよう十分に高い必要がある。このシステムにおいては、実際の財およびサービスの買い手と売り手が確立するのは主権国家体制ではなく交換の媒体である。金属主義者の観点からは、造幣における国家の役割は硬貨に使用される金属の質と量の保証にあるとみなされる。この金属主義を支持するのは、古くはアリストテレスジョン・ロックであり、経済学では、アダム・スミスを始祖とする古典派、その後継である新古典派オーストリア学派である[2]

しかし、物々交換から貨幣が発生したという事例は見つかっていない。21世紀初めには、実証的証拠に関心を持つ学者の間で、物々交換から貨幣が生まれたという従来の考え方は間違っているというコンセンサスができあがった[3]。クナップは金属主義とは異なり貨幣国定説(反金属主義)、すなわち国家が自国の通貨を独占的に支配し、独自の市場を作り出し、課税もしくは法的に強制力のある借金を通じてその通貨を要求するという貨幣制度を提唱した。

ヨーゼフ・シュンペーターは「理論的」金属主義と「実務的」金属主義とを区別した。シュンペーターはメンガーの立場、すなわちコモディティとの紐付けが貨幣の起源と性質を理解する上で不可欠であるという考えを「理論的金属主義」と分類した。「実務的金属主義」は、主権国家は裏付けのない通貨、すなわち本来価値も持たず、価値のあるコモディティとの償還可能性のない貨幣(不換紙幣)を発行する無制限の力を持つものの、裏付けのある通貨制度を採用するほうが賢明であるとする理論と定義された[4]

対比[編集]

金属主義と不換貨幣制度[編集]

金属主義信奉者は不換貨幣、すなわち本来価値英語版の無い政府発行貨幣などの使用に反対する。

金属主義と貨幣国定説[編集]

歴史的に、金属主義と対立する学派は貨幣国定説英語版であった。この説では、貴金属で作られた硬貨を用いる貨幣制度であっても、その価値は主に国家の権威から派生するものであるとする[5]。これら二つの制度間の競争は、提唱される前からも千年にわたって続いている。時には混合型の貨幣制度が用いられた。コンスタンティナ・カツァリは、アウグストゥスが導入し、ローマ帝国の東部属州で1世紀初頭から3世紀後期まで使われた貨幣制度は金属主義と貨幣国定説の両方の原理を反映した制度であると説く[6]

単本位制と複本位制[編集]

金属主義には、通貨として用いられる金属が単一であるか(単本位制)、二つ以上であるか(複本位制)という分派がある。

金属貨幣制度の歴史[編集]

歴史的に、世界で貨幣として使われてきた主な金属は銀であり、金と複本位的に流通していた。多くの言語で、「貨幣」と「銀」を表わす単語は同一である。グローバルな金属ベース貨幣の最後の時代、20世紀初頭では、金単本位制が標準であった。

広義の金属主義[編集]

学者だけが使う傾向にあるが、貨幣を「市場の産物」、すなわち財およびサービスの交換手段とみなす考え方を広義の金属主義と呼ぶ。この立場からは、貨幣の本質的性質は購買力であり、必ずしも金属による裏付けを必要としない。この立場は、19世紀初めから流行しはじめた現在の主流経済学の見方を反映している。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ludwig von Mises (2009). The Theory of Money and Credit. Ludwig von Mises Institute. 
  2. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済、2016年、p.58
  3. ^ フェリックス・マーティン『21世紀の貨幣論』東洋経済、2014年、pp.15-17
  4. ^ Ramón Tortajada (1999). The Economics of James Steuart. Routledge. 
  5. ^ Stephanie A. Bell and Edward J. Nell, ed (2003). The State, the Market, and the Euro: Chartalism Versus Metallism in the theory of money. Edward Elgar. ISBN 1843761564. 
  6. ^ Constantina Katsari (2011). “Chpt. 7”. The Roman Monetary System. Cambridge University Press. ISBN 0521769469. 

関連文献[編集]

  • David Fields & Matías Vernengo (2011). Hegemonic Currencies during the Crisis: The Dollar versus the Euro in a Cartalist Perspective. Levy Economics Institute Working Paper No. 666.
  • David Fields & Matías Vernengo (2012): Hegemonic currencies during the crisis: The dollar versus the euro in a Cartalist perspective, Review of International Political Economy, DOI:10.1080/09692290.2012.698997