金子龍介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 龍介(かねこ りゅうすけ、1973年昭和48年)1月31日 - )は、兵庫県神戸市出身の競艇選手。 登録番号3795。身長164cm。血液型A型。77期。兵庫支部所属。同期に、田中豪五反田忍佐藤大介らがいる。

来歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 中学卒業後、オーストラリアに1年2カ月留学[2]
  • 帰国後は大阪の国際専門学校に入学するも留年。その後、フリーター生活を送る[3]
  • パイロットだった父から競艇選手の道を薦められ、本栖研修所を受験するも4度不合格になる。競艇の道を諦め始めた頃、兵庫の競走会から電話をもらい、艇運のアルバイトを開始[4]
  • 艇運時代に知り合った松本勝也に刺激を受け、再び競艇選手を目指す。6度目の受験で本栖研修所に合格[5]
  • 同世代の荒井輝年とはサーフィン仲間

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボートレース下関オフィシャルサイト
  2. ^ 『水神〜金子龍介〜2004』
  3. ^ 『水神〜金子龍介〜2004』
  4. ^ 『水神〜金子龍介〜2004』
  5. ^ 『水神〜金子龍介〜2004』

外部リンク[編集]