金子隆浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子 隆浩
琉球ブルーオーシャンズ #39
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1994-08-30) 1994年8月30日(26歳)
身長
体重
179 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金子 隆浩(かねこ たかひろ、1994年8月30日 - )は、東京都出身のプロ野球選手捕手)。琉球ブルーオーシャンズ所属。

経歴[編集]

足立区立第十三中学校卒業後[1]東海大学付属高輪台高等学校に進学[2]。在学中は甲子園大会には出場できなかった[3]

高校卒業後は付属からの推薦入学で東海大学体育学部へと進学する[3]東海大学硬式野球部に入部を希望していたが、同部はセレクションを通過した者でないと高校野球経験者であっても入部できないという縛りが設けられていた。金子は出身校が甲子園未出場だったために野球部への推薦枠を持っておらず、大学合格後にそれを知ったことから野球部に所属できないまま入学した[3]。大学時代は外部のクラブチームREVENGE99に所属しながら野球を続け、トレーナーの勉強をおこなっていた[2][3]。大学時代の同級生にバレーボール日本代表経験のある久原翼がいる[4]

大学卒業後はニュージーランドへ渡る[3]。現地のクラブチーム・North Shore City Baseball Clubに所属して1年半ほどプレーを続けた。創設されたばかりのプロ野球チーム・オークランド・トゥアタラのテストを受け、練習生を経てロースター入りした[3]。オークランドでは2試合に出場したが、ジーロング・コリア戦で相手チーム選手のスライディングで足に怪我を負わされ[5]、約2ヶ月で解雇となる[3]。だが、オークランドに選手を派遣していた千葉ロッテマリーンズコーチの清水直行から独立リーグのトライアウト受験を勧められ、2019年2月の四国アイランドリーグplusのトライアウトに応募[3]、リーグのドラフトで高知ファイティングドッグスより指名を受けて[2]、入団した。2019年のシーズン終了後に退団[6]

2020年シーズンからは沖縄県に初めて創設されたプロ野球チーム・琉球ブルーオーシャンズに入団。

詳細情報[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 高知 50 104 87 3 11 1 0 0 12 5 0 2 6 0 11 - 0 30 3 .126 .224 .138 .362
四国ILp:1年 50 104 87 3 11 1 0 0 12 5 0 2 6 0 11 - 0 30 3 .126 .224 .138 .362
  • 2019年度シーズン終了時

ウィンターリーグでの打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018-2019 トゥアタラ 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
ABL:1年 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 7 (2018年)
  • 13 (2019年)
  • 39 (2020年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 飛躍 第289号 (PDF)”. 東海大学付属高輪台高等学校・中等部 (2010年6月1日). 2019年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c 2019年2月四国ILplus×ルートインBCL 合同ドラフト会議指名結果及び特別合格選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2019年2月9日、ページからリンクされているPDF文書を参照)
  3. ^ a b c d e f g h 阿佐智 (2019年8月25日). “ひょんなことからNZでプロ野球選手になった25歳。NPB入りの夢を追う”. Sportiva. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2019/08/25/nz_split_25npb/ 2020年3月18日閲覧。 
  4. ^ Takahiro Kaneko [@taka_c2xx] (17 September 2020). "バレーボール日本代表🇯🇵 パナソニックパンサーズ所属の 大学の同級生である久原翼も 僕のオリジナルTシャツ着てくれています👕" (ツイート). Twitterより2020年12月10日閲覧
  5. ^ 金子隆浩 (2019年8月26日). ニュージーランドから「逆輸入」された男、金子隆浩捕手(高知ファイティングドッグス)インタビュー(後編). インタビュアー:阿佐智. 阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」.. http://blog.livedoor.jp/gr009041/archives/18712161.html 2020年3月23日閲覧。 
  6. ^ 高知FD 退団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2019年10月30日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]