金子達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 達也(かねこ たつや、1953年6月10日 - )は、日本実業家ダイハツ工業代表取締役副社長や、トヨタ自動車九州代表取締役社長を経て、同社代表取締役会長、九州経済連合会副会長。

人物・経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1]。1976年一橋大学経済学部卒業[2]トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。国内営業を担当し[3]レクサスブランドの日本での導入の責任者を務めた[2]。国内企画部部長、常務役員兼トヨタファイナンシャルサービス取締役顧問を経て[4][5][1]、2011からダイハツ工業取締役専務執行役員を、2013年からはダイハツ工業代表取締役副社長[2]を務め、海外管理部門を担当した[3]

2015年からトヨタ自動車九州代表取締役社長[6]を務め、人材確保のため期間従業員正社員化などを行った[7]アジア向けスポーツ・ユーティリティ・ビークルの好調などから、2018年には3期連続の売上高1兆円超を実現し[8]、同年代表取締役会長に退き[1]九州経済連合会副会長に就任した[9]西日本工業倶楽部理事[10]福岡県就労支援事業者機構理事[11]なども歴任。

脚注[編集]

先代:
二橋岩雄
トヨタ自動車九州社長
2015年 - 2018年
次代:
永田理